Windows Azure:新しい分散・占有型・高性能キャッシュサービス+素晴らしい新機能追加

CodeZine / 2013年9月13日 14時0分

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

 原典:Windows Azure:New Distributed,Dedicated,High Performance Cache Service+More Cool Improvements

■Windows Azure:新しい分散・占有型・高性能キャッシュサービス+素晴らしい新機能追加

 Windows Azureの素晴らしいアップデートをいくつかリリースしました。

 例えば、以下のようなものがあります。

占有型キャッシュサービス:新しい分散、占有型、高性能なキャッシュサービスのプレビューを発表 AutoScale:Webサイトおよび仮想マシン用のスケジュールベースのスケール自動調整とよりリッチになった履歴ログ Webサイト:StorageアカウントへHTTPログを保存するための新しいWebサーバログサポート 操作ログ:操作ログに新しいフィルタリングオプション  上記の新機能はすべて現在使用可能です(注:まだプレビューのものもあります)。以下はその詳細になります。

■Windows Azureキャッシュサービス:新しい分散キャッシュサービスのプレビュー

 最新の追加サービスである新しいWindows Azureキャッシュサービスのプレビューリリースが発表できて、非常にうれしく思います。新しいWindows Azureキャッシュサービスにより、簡単に占有型の高性能な分散キャッシュが展開できるようになります。これは、Windows Azureアプリケーションから使用して、インメモリにデータが保存でき、スケーラビリティおよびパフォーマンスを劇的に向上させることができます。

 新しいWindows Azureキャッシュサービスは、WindowsおよびLinuxの仮想マシン内でホストされているもの、またWindows AzureのWebサイトやクラウドサービスとして展開しているものなど、すべてのタイプのWindows Azureアプリケーションで使用できます。Windows Azure Mobile Servicesのサポートも将来的に有効になります。

 各アプリに対してWindows Azureキャッシュサービスの専用インスタンスをインスタンス化したり、複数のアプリケーションに渡って1つのキャッシュサービスを共有したりすることができます。クラウドのバックエンドソリューションを複数のデプロイメントユニットに分割したい場合は、この後の方のシナリオが特に便利です。すべてを簡単に共有し、同じキャッシュされたデータを扱うことができます。

●Windows Azureキャッシュサービスの利点

 新しいWindows Azureキャッシュサービスには以下のような利点があります。

任意のアプリケーションタイプ(VM、Webサイト、Mobile Service、クラウドサービス)からのキャッシュサービスが使用可能です。
  各キャッシュサービスインスタンスは、他のお客様から分離/隔離されている専用のVM内で展開されています。つまり、高速で予測可能なパフォーマンスを確保できます。
  キャッシュサービスとのクォータや帯域幅調整はありませんので、必要なだけ専用キャッシュサービスインスタンスにアクセスできます。
  作成する各キャッシュサービスインスタンスは、インメモリ内のデータオブジェクトやコンテンツの150GB(今回のプレビュー時点)まで保存できます。キャッシュサービスインスタンスで使用されるメモリの増加および縮小は、アプリを再デプロイすることなく動的に行えます。
  Webサイト、VM、クラウドサービスは、エンドツーエンドで平均約1msで(キャッシュサービスとバックのネットワークラウンドトリップを含む)キャッシュサービスからオブジェクトを取得できます。アイテムは、エンドツーエンドで約1.2msでキャッシュへ挿入できます(つまり、Webサイト/VM/クラウドサービスは、エンド・ツー・エンドで1.2msで、リモートキャッシュサービス内にオブジェクトを永続化させ、ACKを取得できるということです)。
  各キャッシュサービスインスタンスは、複数のサーバに分散された高可用性サービスとして実行されます。つまり、たとえ実行しているサーバの一つがクラッシュしていたり、パッチ用にアップグレードする必要がある場合でも、キャッシュサービスは利用可能な状態のままだということです。
  キャッシュサービスインスタンスが実行されているVMは、Windows Azureによるサービスとして管理されます。つまり、インスタンスのパッチやサービスのライフタイムはこちら側で処理します。これにより、インフラストラクチャの詳細を管理する心配がなく、素晴らしいアプリの構築に集中することができます。
  新しいキャッシュサービスは、クラウドサービスでサポートされているインロールのキャッシュオプションで使用しているのと同じ.NET Cache APIをサポートしています。そのため、既存のコードは、新しい管理対象のキャッシュサービスと互換性があります。
  新しいキャッシュサービスは、ASP.NETのセッション状態および出力ページキャッシュのビルトインプロバイダサポートが付属してきます。これにより、複数のWebサーバ間でASP.NETアプリケーションを簡単にスケールアウトすることができ、かつ、どのお客様がどのサーバをヒットしたのかにかかわらず、セッション状態およびキャッシュされたページ出力を共有できます。
  新しいキャッシュサービスでは、アプリごとに個別のキャッシュサービスインスタンスを使用することも、一度に複数のアプリで1つのキャッシュサービスインスタンスを共有すること(データ共有やアプリのパーティションが簡単に行えます)も可能です。これは、いくつかのデプロイメントユニット全体にアプリを分割したい場合のシナリオには、非常に便利です。

CodeZine

トピックスRSS

ランキング