Tizen Device APIやオープンソースライブラリを利用したTizenアプリの実装

CodeZine / 2013年11月7日 14時0分

 TizenをはじめとするWebベースのスマートフォンOSの登場で、スマートフォンアプリ開発のあり方が今後大きく変わっていくかもしれません。Tizenは、今冬に日本でも端末の発売が予定されています。本連載では、HTML5関連技術を使ってTizen向けのスマートフォンアプリを開発するための手法を、豊富なAPIの紹介とサンプルアプリの制作を通じて先取りしていきたいと思います。第3回の本稿では、前回作成したカメラアプリにエフェクトや保存、シェアなどの機能をオープンソースのライブラリやTizen Device APIを用いて実装していきたいと思います。

■Tizen開発環境の現状

 ドコモからの端末発売のニュース以来、なかなか公式発表の少ないTizenプロジェクトですが、開発の現場視点では地道に進展を続けています。例えば、最初に発売される端末に搭載予定のTizen 2.2の次のバージョン、Tizen 3.0の開発がすでに始まっています。Tizen IVIとの共通ライブラリが整理され、IVIや今後出てくるであろう他プロファイルとのリポジトリ上の連携が図られています。また2.2までは一部クローズドなソースもありましたが、3.0からはすべてのソースがオープンなものとなりました。各プラットフォーム開発者がそれぞれの独自のサービスやアプリケーションを追加で統合していくというフローが確立され、プラットフォーム開発者が参入しやすい環境を整えています。

 また、日本国内ではインテル主催のセミナーなどを通じて現在200台ほどの試験端末を開発者に貸し出しています。なかなか実機が入手しにくい状態が続いてはいますが、運良く入手できた開発者の方は、ぜひ実機上でのアプリ開発を楽しんでみてください。

■今回の実装範囲

 では、前回のカメラアプリの実装の続きに入っていきたいと思います。前回はカメラから取得した画像を縮小、回転してアプリ上に表示するところまでを実装しました。今回はその画像にレトロ調のエフェクトをかけ、端末に保存し、Twitterに投稿するところまでを解説したいと思います。





 今回も解説する実装範囲の分までのサンプルソースを用意しています。GitHubのページからインポートして使用してください。また、インポートの方法については、第2回を参照してください。



CodeZine

トピックスRSS

ランキング