クラスメソッド、AWSのコスト最適化を確認できるポータルサイトを「メンバーズ」会員向けに提供

CodeZine / 2013年10月29日 15時56分

AWS利用金額の日別表示と累積表示

 クラスメソッドは、アマゾンウェブサービス(AWS)利用の際に、アカウントごと、プロダクトごと、日ごとの利用傾向を把握し、インフラにかかるコストが最適化されているかを確認できるポータルサイトの提供を、同社が提供する「メンバーズ」の会員を対象に、29日に開始した。

 ポータルサイトでは、AWSを活用したシステムのコストが当初の試算通りか、想定外の費用がかかっていないか、今後の利用に関する見通しが立っているか、または最適な割引オプションを選択しているかなどを検証可能で、全体コストの最適化に寄与する。

 インスタンスサイズのスケールアップやスケールアウトなど、月中に利用金額が変化している場合は、日ごとの利用状況をグラフで表示して利用傾向を把握できる。また、役割を終えたインスタンスの消し忘れに気付きやすくする。プロダクトごとの利用金額の確認にも対応しており、AWS上のシステム構成が適切であるかの、費用面から検証に使える。

AWS利用金額の日別表示と累積表示


 このほか、社内で利用している複数のAWSアカウントの利用状況の一括管理や、「リザーブドインスタンス」購入時に期間や使用量の検討をしやすくする、プロダクトごとの利用金額と利用傾向を確認可能な機能を備えている。

 さらに、対象のアカウントを選択するだけで利用金額を確認できるので、IT部門のスタッフだけでなく、マネージャーや経理部門のスタッフによるAWS利用金額の確認を可能にし、IT部門の現場担当者もAWS利用金額の確認が容易になり、コスト意識を持ちやすくする。

 「メンバーズ」は、AWSの利用にあたって、基本的な使い方や製品情報に関するQ&A、運用、各種手続き代行などを、AWSのインテグレーターであるクラスメソッドが包括的にサポートをするサービス。サービス利用手数料として、ユーザーのAWS利用費に対して10%を加算した金額を利用料金としている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング