SoftLayer導入でスマートフォン向けアプリの海外展開を支援――マネージドホスティングサービス「DATAHOTEL for App.」

CodeZine / 2013年12月10日 14時0分

ゲーム/スマートフォンアプリ向けマネージドホスティングサービス「DATAHOTEL for App.」、 海外展開もサポート

 企業におけるデータセンター利用に関する指標の一つに、サーバなどのリソースが国内にあるかどうかという点がある。主にコンプライアンスやメンテナンス面での要件から、自国内、あるいは首都圏に近いかどうかを重要視するからである。

 しかし、多くの企業が海外市場に目を向ける中、近年ではデータセンターがむしろ海外であることのメリットも注目されつつある。北米や東南アジアでのサービスを展開する場合、パフォーマンス、ネットワークのレイテンシなどから、現地や現地に近いデータセンターを利用する意義が高まっている。加えて、震災以降、ディザスタリカバリ(DR)の観点から、サーバやストレージを地理的に分散させる企業も増えている。

 そのような中、北米を中心に欧州、東南アジアとグローバルにIaaS事業を展開するSoftLayer(2013年にIBMが買収)のサービスを導入した企業がある。マネージドホスティングでコストパフォーマンスに定評がある「データホテル」だ。

 同社の事業開発室 シニアマネージャー/室長 冨成章彦氏に、SoftLayer導入の背景や狙いについてお話を伺った。

株式会社データホテル 事業開発室 シニアマネージャー/室長 冨成章彦氏


■ビジネス規模が大きくなっても、安心してインフラ運用を一任できる
マネージドホスティングサービス「DATAHOTEL for App.」

――データホテルでは、「DATAHOTEL for App.」というサービスにSoftLayerの基盤を利用すると発表しましたが、詳しいお話を聞く前に、このサービスの概要をご説明いただけますか。

 冨成氏:DATAHOTEL for App.は、ゲーム開発ベンダーやスマートフォンアプリのプロバイダー向けに、回線・サーバ・ストレージ・ミドルウェアなどのリソースを提供するサービスです。特徴は、単にホスティングでラックやネットワークを提供するというだけでなく、システム設計から構築・運用までワンストップでサポートするマネージドホスティングサービスである点です。

ゲーム/スマートフォンアプリ向けマネージドホスティングサービス「DATAHOTEL for App.」、
海外展開もサポート


――DATAHOTEL for App.はゲーム開発者やサービスプロバイダー向けとおっしゃいましたが、利用する企業はベンチャーやスタートアップが多いのでしょうか。

 冨成氏:そうでもありません。むしろ中・大規模システムの利用者のほうが多いと思います。DATAHOTEL for App.のようなワンストップのマネージドサービスは、インフラやリソース保持や管理運用コストが重く感じるスタートアップ層にメリットがあるのも事実ですが、その恩恵を最も受けられるのは、パブリッククラウドのIaaSのような課金が時間単位、CPU単位であるサービスが適した規模ではありません。

 サービス規模や負荷がある程度のレベルを超えると、従量課金はかえって割高になります。従量課金は使わないときの無駄をはぶけますが、トラフィックのピーク付近で高止まりしているときでも同じ割合でコストが発生します。初期費用+月額方式ならトラフィックが増えるほどトラフィックあたりのコストを下げることが可能になります。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング