クリエーションライン、Chefを活用したインフラ移行サポートサービス「Re:cook」の提供を開始

CodeZine / 2013年12月4日 10時0分

一般的なシステム移行と「Re:cook」を利用したシステム移行の違い

 クリエーションラインは、物理サーバや、クラウドや仮想環境で稼働している仮想サーバによるシステムの、新たなクラウド環境への移行、構築、運用をサポートするサービス「Re:cook(リ・クック)」の提供を4日に開始した。

 「Re:cook」は、インフラ構築自動化のフレームワークで、OSより上層の構成を抽象化して共通に定義可能な技術「Chef(シェフ)」を利用してサーバ構成をコード化(Recipe化)し、移行先の環境にあわせて自動で構築できるので、人的リソース削減と、高い精度を実現する。新しい環境での再構築だけでなく、その後の運用もコードを使って一元管理するため、運用の手間の大幅な削減を可能にしている。

 移行にあたっては、まず既存環境の分析を行い、移行システムの選定、クラウド環境を選択する。その後、「Chef」を使って新環境への移行作業のサポートや、新環境での構築作業のサポートを行う。なお、クリエーションラインは「Chef」の開発元である米Opscodeと連携しており、確かな知識と技術に基づいたサービスを提供する。

 「Chef」は、サーバ、ノード、ワークステーションの3つの要素で成り立ち、「Recipe」と呼ばれるプログラムコードに記載した「Cookbook(インフラ定義をする構築手順書)」をサーバから各ノードへ配布し、各ノードの「Chef Client」がそれを実行する、という仕組みを用いて、インフラの管理や構築を行っている。

一般的なシステム移行と「Re:cook」を利用したシステム移行の違い


 料金は、ユーザーの既存環境を把握して、クラウドへの移行方針の決定を支援する「アセスメント」が100000円~。クラウド環境への移行や再構築を行う「マイグレート」が50000円~。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング