Linux仮想マシンをWindows Azure上で動かそう!

CodeZine / 2014年3月27日 14時0分

図12:停止確認

 本稿では、Windows Azure仮想マシン上でLinuxを動作させる方法について解説します。Windows Azureと聞くと、Windows系OS専用のクラウドサービスと思われるかもしれませんが、実はLinux系OSも動作可能なのです。無料評価版も用意されているので、このチャンスを利用してWindows Azure上でLinuxを動かしてみませんか。

Windows Azureスタートアップキャンペーン実施中!
 Windows Azureのアカウントをまだ開設していない方を対象に、本稿を読んでWindows Azureをお試しいただくだけで、先着で「大手ECサイトのギフト券がもれなく当たるキャンペーン」を実施しています! 詳しくは下記のキャンペーンページをご参照ください(※キャンペーンへの参加を希望される方は、必ず先に同ページをよくご確認ください)。

 

「CodeZineの記事を読んで、Windows Azureを体験してみよう!」キャンペーン

■対象読者

 今回の対象読者は下記のとおりです。

クラウドサービスに興味のある方 Linuxに関する基本的な知識 ■必要な環境

Windows Azureサブスクリプション ターミナルソフト(TeraTerm、PuTTY)など ■Windows Azure仮想マシンとは

 2010年2月にWindows Azureが正式にサービスインしてから4年が経とうとしています。サービスイン当初は、PaaS色を全面に押しだし、利用できるOSもWindowsサーバーOSに限られていました。この時のイメージが強いせいでしょうか、まだまだWindows Azure上でIaaSの機能が利用でき、なおかつLinuxが動作可能であることを知らない方も多いでしょう。

 Windows AzureではこのIaaS機能を、Windows Azure仮想マシン(以下、仮想マシン)と呼びます。本稿では、Windows Azure仮想マシン上でLinuxを動作させる手順をステップバイステップで解説していきます。

●利用できるディストリビューション

 現在、仮想マシン上で利用可能なイメージが提供されているLinuxディストリビューションは以下のとおりです。

Ubuntu 12.04 LTS/12.10/13.10/14.04 LTS Open Logic CentOS 6.5 openSUSE 13.1 SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 ORACLE Linux 6.4  これ以外にも、WindowsサーバーのHyper-V上で作成したイメージをアップロードして利用することができます。

●仮想マシンのサイズについて

 後ほど説明する手順で、仮想マシンのサイズを選択する場面が出てきますが、先に仮想マシンのサイズについて説明しておきます。仮想マシンのサイズとは、言うなればサーバーの性能に相当するものです。Windows Azureでは仮想マシンのサイズを、下表の8種類から選択できます(※リージョンによって価格が異なります。下表は東アジア太平洋地域リージョンの場合)。

仮想マシンのサイズ サイズ コア数 メモリ 1時間あたりの料金 A0 共有 768MB ¥2.04 A1 1 1.75GB ¥9.18 A2 2 3.5GB ¥18.36 A3 4 7.0GB ¥36.72 A4 8 14GB ¥73.44 A5 2 14GB ¥40.80 A6 4 28GB ¥81.60 A7 8 56GB ¥163.20 A0~A4までを標準インスタンスと呼びます。この中でもA0インスタンスはCPUが他と共有され、メモリサイズも少なめとなっています。これはテストやデバッグなどの用途に利用されることを想定したものです。通常はA1サイズを基点にCPU、メモリ、ネットワークの使用量を考慮して、サービスに適したサイズを選択します。

 A5~A7はメモリ集中型インスタンスと呼ばれ、2013年4月頃、新たに追加されたものです。標準インスタンスよりもメモリが潤沢に扱えることが特徴で、例えばデータベースなどに利用されることを想定しています。

■仮想マシンを利用する

 それでは早速、Windows AzureでLinuxを動作させる手順を解説していきます。

●Windows Azure無料評価版を利用する

 Windows Azureを評価するために、1か月の無料評価版が利用できます。すべての機能を利用でき、なおかつ約20,500円分までの課金分が無償で利用できます。

 Windows Azureサブスクリプションを契約するには、マイクロソフトアカウント(旧Live ID)が必要です。お持ちでない場合は、「Microsoftアカウント登録手続き」からアカウントを作成してください。

 マイクロソフトアカウントを取得した後に、「Windows Azureサブスクリプション申し込みStep by Step」を参考に、サブスクリプションを申し込んでください。特に課金枠を外す操作をしなければ、無償枠をオーバーして課金されることがないため、心配することはないでしょう。


CodeZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング