アシアル、HTML5アプリ開発プラットフォーム「Monaca」にChrome Apps開発機能を提供開始

CodeZine / 2014年7月9日 13時30分

 アシアルは、HTML5アプリ開発プラットフォーム「Monaca」へのChrome Apps(Chromeアプリ)開発機能の提供を、9日に開始した。

 Chrome Appsは、Googleが提供するChrome OSやWindows、Mac、Linux上で動作するマルチプラットフォームアプリケーションで、Chromeブラウザ上だけでなく、WindowsやMacのネイティブアプリのように実行することもできる。

 Chrome Apps開発機能の提供開始によって、HTML5やJavaScriptなどの標準Web技術を用いて、WindowsやMac向けのデスクトップアプリの開発が可能になる。

 具体的なChrome Apps関連機能としては、HTML5を使ってChrome Apps開発を行うためのコーディング環境や、Monacaで開発を行ったChrome AppsをPCやMac、Chrome OS端末上での動作確認を行うためのツールを提供するとともに、アプリのアイコンや権限の設定を行い、Chrome Appsをビルドする機能を提供する。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング