AWS、リアルタイムデータ処理サービス「Amazon Kinesis」を東京リージョンで提供開始

CodeZine / 2014年7月17日 16時36分

 アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、大量のストリーミングデータをリアルタイムで処理する完全マネージド型サービス「Amazon Kinesis」の東京リージョンでの提供を、17日に開始した。

 「Amazon Kinesis」は、データの容易な取り込みと保存、高いデータ耐久性を実現し、1時間当たり数キロバイトから数テラバイト規模までの拡張が可能な、完全に管理されたサービスを提供する。

 クライアントライブラリは、負荷分散、コーディネート、および耐障害性の確保を簡素化しており、「AWS Auto Scaling」によって弾力性のある高パフォーマンスなAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)処理クラスタを容易に作成できる。また、サードパーティ製品の組み込みも可能で、ポピュラーなオープンソース製品を含む、自由なデータ処理方法を選べる。

 これらの機能によって、Webサイトのクリックストリーム、マーケティングおよび財務に関連するトランザクション、ソーシャルメディアからのフィード、ログや計測データ、位置情報の追跡機能を用いたイベントなどのリアルタイムデータを処理するアプリケーションをより簡単に構成できる。

 このほか、「Amazon Kinesis」対応アプリケーションを使えば、リアルタイムのタイムダッシュボード機能の強化やアラート作成、価格や広告戦略の変更などのビジネスにおける意思決定をリアルタイムに進められる。また、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon Elastic Map Reduce(Amazon EMR)、Amazon Redshiftなど、他のビッグデータサービスへのデータ送信にも対応する。

 なお、「Amazon Kinesis」はガリバーインターナショナルの双方向コミュニケーションサービス「DRIVE+」や、ペンシルの戦略的サイト分析ツール「スマートチーター」、リプレーションのゲーム運営者向け開発・運用支援アプリケーション、スマートインサイトの多様かつ変化に富むデータの仮想統合を実現するアプリケーション「SMART/InSight」、ALBERTのデジタルマーケティングプラットフォームDMP「smarticA!DMP」などでも利用されている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング