アシアル、モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」をリニューアル、「PhoneGap/Cordova 3.5」に対応

CodeZine / 2014年7月31日 10時0分

 アシアルは、モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」のフレームワークを、「PhoneGap/Cordova 3.5」対応版へ7月31日にリニューアルした。また、HTML5ベースのUIフレームワーク「OnsenUI 1.1」にも対応している。

 「PhoneGap/Cordova」は、HTML5とJavaScriptでクロスプラットフォーム対応モバイルアプリを開発可能なフレームワークで、従来「Monaca」では「PhoneGap/Cordova 2.9」ベースのフレームワークを採用していた。

 今回の「PhoneGap/Cordova 3.5」対応によって、「Monaca」で開発したアプリのパフォーマンス向上や、セキュリティ向上、ファイルサイズの縮小などを実現している。

 また、従来のHTML5モバイルアプリ開発において課題であった、Androidバージョン間のフラグメンテーション問題と、Android Webviewのパフォーマンスを解決するために、インテルが主導する「Crosswalk」ベースの実行エンジンを組み込む機能を追加した。

 「OnsenUI」は、アシアルが開発するWeb ComponentsベースのHTML5モバイルアプリに特化したUIフレームワークで、最新の「OnsenUI 1.1」ではjQueryなどメジャーなJavaScriptライブラリと組み合わせたUI開発を可能にしている。

 最新の「OnsenUI 1.1」ではjQueryなどメジャーなJavaScriptライブラリと組み合わせたUI開発を可能にしており、ネイティブ言語で開発したアプリと比較しても遜色ないUIを、より簡単に実現できる。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング