米MS、最新のIEをWindows/Mac OS X/iOS/Android上で試せる「RemoteIE」を公開

CodeZine / 2014年11月4日 12時15分

 米Microsoftは、Windows 10テクニカルプレビュー版に付属する最新のInternet Explorerを、Windows/Mac OS X/iOS/Androidから利用可能な、無料のAzure RemoteAppサービス「RemoteIE」を、11月3日(現地時間)に公開した。

 「RemoteIE」は、Windows 7を利用している開発者をはじめ、幅広い開発者コミュニティに対して、Windows 10テクニカルプレビュー版をインストールしたり、最新OSのための仮想マシンを用意したりすることなく、最新ビルドのInternet Explorerをテストする機会を提供する。

 「RemoteIE」の提供は、Azure RemoteAppのテクニカルプレビュー版を通じて行われており、Windows以外のプラットフォームでも利用できる。利用にあたっては、マイクロソフトアカウントへのサインイン後に、各プラットフォームに対応したAzure RemoteAppクライアントをダウンロードする。

 「RemoteIE」のセッションは、10分間アイドル状態が続くと自動的にログアウトされ、最大接続時間は60分に制限されており、それ以降は新たなセッションとして開始する必要がある。GPUアクセラレーションなどに対応していないため、パフォーマンスはWindows 10テクニカルプレビュー版で動作するInternet Explorerよりも劣り、ファイアウォール内にあるローカルサイトへのアクセスには対応していない。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング