Bluetooth SIG、Bluetooth 4.2を採択、プライバシー機能の強化や速度向上、IPv6に対応

CodeZine / 2014年12月4日 13時35分

 Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、Bluetoothの最新規格であるBluetooth 4.2のコア仕様の採択を、12月3日(現地時間)に発表した。

 Bluetooth 4.2では、プライバシー機能の強化や通信速度の向上を行うとともに、IP接続を可能にするプロファイルを間もなく批准する。

 プライバシー機能については、政府が求めるレベルのセキュリティを、よりわずかな電力消費で実現しており、認証なしでのBluetooth接続による「盗み聞き」を困難にして、ショッピング時などに発生する端末のトラッキングを防ぐ。

 通信速度の向上については、Bluetoothで転送可能なパケットの容量を増やし、前バージョンと比較して2.5倍の高速化を実現している。また、通信速度の向上やパケット容量の拡大によって、通信エラーの発生やバッテリ消費を抑えられる。

 Bluetoothを利用したIP接続では、インターネットにダイレクトに接続できるInternet Protocol Supportプロファイル(IPSP)を採用する。既存のIPインフラの利用が可能で、IPv6および6LoWPAN(IPv6 over Low power Wireless Personal Area Networks)に対応し、2014年末を目途に批准される予定となっている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング