Dr. Dobb's、その年の優れた開発ツールを選出する「Jolt Awards 2015」を発表

CodeZine / 2014年12月17日 14時25分

 開発者向け情報サイト「Dr. Dobb's」は、その年のもっとも優れた開発ツールを表彰する「Jolt Awards 2015」を、12月16日(現地時間)に発表した。

 「Jolt Awards」は、過去12か月の優秀なコーディング/テスト/デバッグツールを選出するアワード。

 ファイナリストとして選出されたのは、アップルの統合開発環境「XCode 6.1」、軽量でマルチプラットフォームに対応し、ほぼ全体をClojureScriptで書かれたオープンソースのコードエディタ「Light Table」、マイクロソフトの統合開発環境「Visual Studio 2013 Update 4」の3ツール。

 特筆すべきエレガントなツールである「Jolt Productivity Awards」には、C#を使ってiOS/Android/Mac OS X向けの開発が可能なマルチプラットフォームの統合開発環境「Xamarin 3」と、Java 8において採用されたlambda記法に対応したマルチプラットフォームの統合開発環境「IntelliJ IDEA 14」が選ばれた。

 もっとも優れた開発ツールである「Jolt Awards 2015」の栄冠に輝いたのは、クラウド開発環境「Cloud9 IDE」。授賞理由には、真の意味ではじめてのクラウドベースで使える、マルチランゲージ対応の統合開発環境である点を挙げており、さまざまなプラットフォームのWebブラウザを使った、Webアプリケーションの開発を可能にした点を高く評価している。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング