フォルクスワーゲン アップ!(VW up!)新車情報 国産コンパクトカー脅威の価格! 149万円から。燃費は23.1km/L!【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2012年9月18日 15時0分

フォルクスワーゲン up!(アップ)

装備は同じで、2ドアと4ドアのmove up!の価格差は、なんと20万円up! 

フォルクスワーゲン(VW)は、フォルクスワーゲンブランドで最もコンパクトな新型フォルクスワーゲンup!(アップ!)を発表した。発売は10月1日から。

 新型フォルクスワーゲンup!(アップ!)は、コンパクトカーを主軸とするVWブランドを最も明確に表現するモデル。最小限のサイズに、最大の室内空間と高速移動が苦にならない走りのパフォーマンス、そしてエコ時代にふさわしい低燃費性能を含めた最新のテクノロジーが、小さいボディの中に凝縮されている。さらに、多くの人に手が届く価格というのも注目のポイントだ。欧州では、すでに発売済みで1万ユーロを切るという価格で発売されている。もはや、日本の軽自動車もビックリな価格帯である。

 そんな新型フォルクスワーゲンup!(アップ!)の価格は、エントリーグレードの2ドアmove up!が、なんと149万円! 国産コンパクトカーと比べると、一見、それほど安くないように見えるかもしれない。しかし、国産コンパクトカーには標準装備されていない、サイドエアバックや横滑り防止装置(ESP)が標準装備である。国産車の相場なら6~10万円程度の装備が標準である。国産コンパクトカーの売れ筋価格帯が130万円前後。これだけの装備が付いても、まだ国産コンパクトカーが安いと思うかもしれないが、さらにup!には30km/h以下で前方の障害物を検知して自動で緊急停止する低速域衝突回避・軽減ブレーキ機能であるシティエマージェンシーブレーキが装備される。また、購入後の定期点検工賃などが無料となるフォルクスワーゲン・プロフェッショナルケアまで付帯する。こうなると、もはや国産車の価格優位性はない。

 しかし、この149万円という価格は2ドアの価格。残念ながら、2ドアは受注生産だ。4ドアのmove up!は、イッキに20万円も高価になり169万円だ。実際の使い勝手を考えると、圧倒的に4ドアが便利。move up!は、2ドアと4ドアとも装備は、ほぼ同じで価格が大きく違う。ドアが2枚増えただけで、20万円アップとは、ドア1枚10万円也。4ドアmove up!は、価格も大幅up!である。まぁ、逆に考えると2ドアで割り切れる人は、お買い得といえる。また、レザーステアリングや、パークディスタンスコントロール、クルーズコントロール、マルチファンクションインジケーター、アルミホイールなど、豪華装備のhigh up!は183万円となっている。

なんと、リヤウインドウはチルト式! 国産比較では、未だ多少の割高感があるものの、価格競争力は数段up!

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング