スズキ アルトエコ新車情報・購入ガイド ガソリン車でプリウス超の低燃費を実現した軽自動車【ニュース・トピックス:スズキ】

CORISM / 2013年2月28日 20時0分

スズキ アルトエコ

細かい努力の積み重ねが生んだ超低燃費33.0km/L!

 スズキは、軽自動車「アルト エコ」に、次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を採用した。その結果、2WD車はガソリン車ナンバー1の低燃費33.0km/Lを達成。新たに設定した4WD車は、30.4km/Lとなった。新型スズキ アルトエコは、3月4日より発売を開始する。

 ガソリン車燃費ナンバー1を奪取した新型アルトエコには、すでにワゴンRで開発済みのスズキグリーンテクノロジーが投入された。この低燃費技術は、高価なリチウムイオン電池を使った減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、13km/h以下になるとエンジンを停止する進化した「新アイドリングストップシステム」を採用したことによる。

 ただし、アルトエコの低燃費技術はそれだけではない。車両重量を2WD車比で20kg軽量化した。たった20kgと思うかもしれないが、まさに細かい軽量化の積み上げという地道な努力によるものだ。約9kg軽量化したボディに4kg軽量化したサスペンション、薄型化し冷却水含め400gの軽量化したラジエーターなど、まさにグラム単位で達成できた20kgのダイエットなのだ。

 さらに、エンジンは9月にフルモデルチェンジされたワゴンRに積まれるR06A型が、わずか6ヶ月でさらに進化。タイミングチェーンを細幅化することで、摩擦抵抗を減らすなどが施されている。

 これだけではなく、空力性能も向上させている。リアバンパーのデザイン変更や、リヤタイヤハウス前に空気の乱れを低減させる整流板を設置された。

 燃費だけでなく、内外装ともに専用のデザインが採用された。外装は専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、内装にはライトグレーとブラウンを基調とし、標準車との差別化を図った。

 その他、ようやくというべきか、後席シートにヘッドレストが一部グレードに標準装備され、やっと普通に乗れるクルマになった。ヘッドレストは、追突事故などで首などへの傷害を軽減する役割りをもつ安全装備。ヘッドレストのないアルトエコの後席に乗るゲストは、もしもの時にリスクが高まるからだ。

 また、横滑り防止装置は、オプションでも装着できない。この装備は、軽自動車についても、新型生産車は2014年10月1日以降に新たに型式の指定を受ける自動車、継続生産車は2018年2月24日以降に製作される自動車に法律で義務付けられる。今回も安全装備の先取りは、見送られている。そういう視点からみると、スズキ アルトエコは、まだまだ燃費だけに特化したモデルという評価になるだろう。

新車情報はCORISM

スズキ アルト エコの主な改良点

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング