超個性派、コンサバへ転進? それでも輝くは失わず【アルファロメオ ジュリエッタ試乗記】【レビュー:アルファロメオ】

CORISM / 2012年2月9日 18時18分

アルファロメオ ジュリエッタ

ジュリエッタは、八方美人になったのか?

 ふと気がつくと、ブレラや159がラインアップから姿を消し、アルファロメオのディーラーで扱っている車種が最新のミトだけになっていたときには、正直、これでアルファロメオは日本から撤退間近か? と、本気でそう思った。しかし、約30年振りに3代目ジュリエッタが、日本に上陸すると聞いて、なんだかホッした気持ちになったのを覚えている。

 しかし、3代目ジュリエッタをひと目見た時、ちょっと愕然とした。アルファロメオ、ひよったな!! そう思ったくらいアクがない・・・。あぁ、アルファロメオも八方美人になったもんだ。アルファロメオのデザインは、好き嫌いのある強烈なメッセージをもつデザインだった。それが、ボクにとってはとても輝いて見えた。そんなアクの強く、多くの人に好きと言われなくても、分かってくれる人が少数であったとしても大好きと言わせればそれでいい、そんな割りきったデザインに共感が持てた。

 それには、ワケがある。やっぱり、ヨーロッパでも個性が強過ぎるデザインだと売れないそうだ。シトロエンもコンサバにしたC4がヒットした。同じクラスのジュリエッタも八方美人化するのにも理由があったのだ。ただ、シトロエンがエライのは、より個性を求めるユーザーに対してDSという新しい車種を用意していることだ。万人向けはC4、個性派はDS4を選んでね、ということになる。

 八方美人になったと思ったジュリエッタだが、VWゴルフに代表されるような究極のコンサバ派には、十分にアヴァンギャルドな感じらしい。試乗時に同乗していた60歳代の自動車評論家は「あの人をバカにしたようなブレーキランプのデザインは何だ!」とご立腹。いやいや、そこがカッコいいんですから、と話しても意見は徹底して平行線のまま。多少、八方美人になったとはいえ、アルファロメオのスピリットは健在だった。

超円高なのに強気の価格! 高級車としてなら、装備の満足度が高いコンペティツィオーネがベスト

 そんな新型アルファロメオ ジュリエッタに搭載されるエンジンは2タイプ。ヨーロッパのトレンドに習いダウンサイジング化された1.4Lターボエンジンと、1750と呼ばれる1.74Lの直噴ターボエンジンを搭載している。

 まずは、1.4Lエンジンを搭載したエントリーモデルのスプリント。スプリントの価格は318万円。戦略的価格で、ゴルフなどの競合と比べ安いとアルファロメオ側はいう。しかし、どこのインポーターもそうなのだが、比べる対象は必ず同じ輸入車。そのため、全般的に超円高なのにもかかわらず価格は高めだ。この価格帯では、さすがに身近に感じることができないので、まだまだ輸入車は趣味のクルマ、もしくは高所得者向けとして日本マーケットでは見られてしまう傾向にある。

 スプリントは、エントリーモデルだが安全装備など基本的な装備は充実している。ただ、ファブリックのシートの質感がどうにも安っぽく見える。これで、318万円と言われると悩んでしまうだろう。そうなると、40万円高価になるがコンペティツィオーネのレザー/ファブリックのシートが欲しくなる。

 さらに、コンペティツィオーネにはキセノンヘッドライト、ヘッドライトウォッシャー、アルミスポーツペダル、パワーシート、シートヒーター、17インチアルミ、スポーツサス、ブレンボ製キャリパーなどなど、装備が格段とよくなり価格差の40万円以上の価値がある。こうなると、満足度が高いグレードはコンペティツィオーネになり、オススメのグレードだ。コンペティツィオーネの価格は、358万円だ。
 

ドラマちっくな低燃費エンジンは、アルファロメらしさを表現

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング