レカロと19インチホイールで大幅個性アップの100台限定車【VWシロッコRレカロ新車情報】【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2012年2月10日 8時8分

VWシロッコRレカロ

デザイン画から抜けだしたような個性派フォルム

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、フォルクスワーゲン シロッコの最上級モデルとして人気の高いシロッコRに、レカロ社製のフルバケットタイプのスポーツシートと19インチ大径アルミホイール等を採用した「シロッコRレカロ」を100台の台数限定で予約受付を開始した。発売は5月上旬を予定している。

 ベースとなるシロッコRは、シロッコシリーズの中で最速グレード。2L直噴TSIエンジンを搭載して、256馬力&330Nmというスペックを誇る。同じエンジンスペックをもつゴルフRもあるが、こちらは4WDモデル。このシロッコRは、FFとなっている。車重は1410kgとゴルフRの1,530kgより約120kgも軽量。それゆえ、両車はまったく違った走りをするのが特徴だ。

 シロッコRレカロは、そんなシロッコRをベースに18インチから19インチという大径ホイールを履き、さらにバケットタイプのレカロシートを装備。より、走りとワイルドなスタイルを追求したモデルになっている。パッツンパッツンのホイールにペタペタに見えるボディデザインの組み合わせは、まさにスポーツカーの王道といえるワイド&ローフォルム。デザイン画から抜けだしたようなスタイルが、圧倒的な個性を主張する。

 シロッコRレカロのタイヤサイズは、235/35R19。シロッコRのタイヤサイズが235/40R18。乗り心地の悪化を心配するかもしれないが、シロッコRですら40扁平。単純なものではないけれど、40が35になったくらいで、それほど乗り心地が悪化するとは考えにくい。仮に、多少乗り心地が悪化しようが、このスタイルが手に入るのだがら十分納得がいくというものだ。

 シロッコRレカロには、サスペンションの減衰力を任意に3段階(スポーツ、ノーマル、ソフト)に切り替える事が出来る DCC(アダプティブシャシーコントロール)を標準で装備。街中での快適な乗り心地から高速域でのスタビリティまでドライバーの意思により、自由に設定が可能になっているので、このシステムを上手く使い走りと乗り心地を存分に楽しめばいい。ちなみに、タイヤとホイールが変更されているが、気になる燃費は10・15モードで13.0km/Lと変更はない。

 また、その他の装備類はフルカラーのマルチファンクションインジケーター及び、初採用となるSDナビゲーションシステムを装備した。

 シロッコRレカロの価格は、18万円アップの533万円だ。シロッコRは、VWラインアップの中でも、最も尖ったエモーショナルなモデル。それだけに、シロッコが欲しいと思う人には18万円アップでレカロと19インチが付いてくるとなると安く感じるかもしれない。ただ、現在は超ユーロ高だ。

<VWシロッコR価格>

● 5,330,000 円(100台限定)

【関連記事】

VWシロッコRレカロVWシロッコRレカロVWシロッコRレカロVWシロッコRレカロVWシロッコRレカロVWシロッコRレカロVWシロッコRレカロ

この記事をCORISMで読む→

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング