ハイブリッド車を撃墜せよ! 燃料費が経済的なスカイアクティブ・クリーンディーゼル搭載【マツダCX-5新車情報】【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年2月16日 12時56分

新型マツダCX-5

ハイブリッド車並の燃料費で、ハイブリッドをはるかに超える4L車超の走行性能をもつマツダCX-5ディーゼルエンジン

 マツダは、新型クロスオーバーSUV『マツダCX-5』を発売した。新型マツダCX-5には、マツダの省燃費技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」をエンジンやトランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用したモデル。上質で気持ちのいい走りと、優れた燃費性能を両立している。

 今回、とくに注目されるのはクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車。排ガスをクリーンにする高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期規制に適合しながら、すべてのSUVの中でトップとなる18.6km/L(JC08モード)の優れた燃費性能と、最大トルク420Nmという4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りを誇る。さらに、マツダ独自のアイドリングストップ機構「i-stop(アイ・ストップ)」を全車に搭載。新開発したディーゼルエンジン用「i-stop」は、ディーゼル車で世界最速の0.40秒以内で再始動を実現している。

 ディーゼルエンジンのメリットは、その燃料費の安さ。ディーゼルエンジンに使用される軽油は、現在レギュラーガソリンに比べ約20円前後安い傾向にある。18.6km/Lという新型マツダCX-5の燃費だが、プリウスαの26.2km/Lと比べると一見差があるように感じるかもしれないが、燃料費が安い分、大きくその差が縮まり、実用燃費にもよるがその差は、同等に近いと言われている。

 つまり、多少高価なハイブリッドだが、燃費が良い分経済的というアドバンテージがイッキに小さくなる。さらに、特徴的なのがクルマのもつトルク性能。トルクが大きいほど、力強くゆとりある走行が可能。マツダCX-5ディーゼルエンジン車のトルクは420Nmで、プリウスαは207Nmと約二倍以上の差がある。このトルク差は歴然で、走りを楽しみながら燃料費は同等というのが、CX-5ディーゼルエンジンの魅力の1つといえる。燃料費は抑えたいが、ゆとりある走りやハイペースで高速道路などで移動をしたいというユーザーにはベストな選択といえるだろう。

 新型マツダCX-5のディーゼルエンジン車搭載モデルのエントリー価格はFFで258万円。4WDで279万円だ。装備により若干異なるものの単純比較すると、この価格も驚きで、日産エクストレイル20GT(4WD)が約314万円。輸入車など、クリーンディーゼル車は高価というのが当たり前だったが、このCX-5は、かなり低価格化が進んだ。

 では、ガソリンエンジンはどうかというと、こちらもスカイアクティブ技術でパワフルで低燃費。経済性でハイブリッド車並のSKYACTIVディーゼルエンジン【マツダ CX-5プロトタイプ試乗記】
 プロトタイプ車の試乗では、2Lながら2.4L車並の動力性能に感じたほどだ。ガソリン車の方が、フロント部分が軽く全体的に軽快感がありスポーティな印象。ディーゼルエンジン車は重厚感があり、同じクルマなのに印象は大きく違う。もし、どちらかに迷ったならジックリと試乗して比較してみるのも楽しいはずだ。

 燃費もJC08モードで16.0km/L(2WD車)、10・15モードで17.6km/Lと低燃費だ。少々設計が古くハンデはあるものの同じSUVである日産デュアリスが、10・15モードで15.0km/Lなので、卓越した低燃費性能であることが分かる。

高いレベルの安全装備を標準化

 デザインは、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」を初めて全面的に採用。獲物に飛びかかろうとするチーターを彷彿とさせる、生命力と躍動感を研ぎ澄ませたスタイリングだという。マツダのデザインは、良くも悪くも好き嫌いが明確に出る傾向にあるが、このCX-5に関してはビアンテやプレマーシーほどではなく、マツダファンでなくても受け入れやすいデザインだ。

 室内空間は、あらゆるシーンで乗員全員が快適に楽しく使える空間を目指した。長い荷物を収納しても、後部座席に大人2名が快適に座れる4:2:4分割可倒式シートバック&カラクリフォールドを「XD(クロスディー) L Package」「XD」「20S」に標準装備。また、1Lペットボトルが収納できるボトルホルダー付ドアポケット、駐車時などの運転をサポートする、サイドモニターとバックガイドモニター映像をルームミラーに表示する機能を全車に標準装備するなど、使いかっても良さそうだ。

 安全性能&装備も高いレベルにあり、買い得感は高い。カーテン&フロントサイドエアバッグ、DSC&TCSを全車に標準装備。また、ブレーキの自動制御で衝突被害の軽減を図る「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を初採用するなど、ただの低燃費車ではなくクルマの基本安全装備を高めているのには評価できる。

 全体的な装備やパフォーマンス含め、価格は全体的にリーズナブル。SUVに興味がなくても、スペースが必要なユーザーなら、一度乗ってもいいと思わせる仕上がりだ。もちろん、オススメはディーゼルエンジン車。この大トルクを味わうと、意外に病みつきになるかも。

<新型マツダCX-5価格>

・XD(クロスディー) 2WD SKYACTIV-D 2.2 2,580,000円
・XD(クロスディー 4WD SKYACTIV-D 2.2 2,790,000円
・XD L Package 2WD SKYACTIV-D 2.2 2,980,000円
・XD L Package 4WD SKYACTIV-D 2.2 3,190,000円
・20C 2WD SKYACTIV-G 2.0 2,050,000円
・20S 2WD SKYACTIV-G 2.0 2,200,000円
・20S 4WD SKYACTIV-G 2.0 2,410,000円


<新型マツダCX-5 XD FF スペック>

・全長 x 全幅 x 全高 4,540 x 1,840 x 1,705mm
・ホイールベース 2,700mm
・ディーゼルエンジン  SKYACTIV-D 2.2
・排気量 2,188cc
・最大トルク 420N・m/2,000rpm
・最高出力 129kW/4,500rpm
・車両重量 1,510kg
・燃費(JC08モード[10・15モード]) 18.6km/L[20.0km/L]
・ミッション SKYACTIV-DRIVE(6速オートマチック)
・ステアリング 電動パワーステアリング(コラム式)
・サスペンション (前)マクファーソンストラット式/(後)マルチリンク式
・ブレーキ (前)ベンチレーテッドディスク/(後)ディスク
・タイヤ 225/65R17

■ガソリエンジン  SKYACTIV-G 2.0
・排気量 1,997cc
・最大トルク 196N・m/4,000rpm
・最高出力 114kW/6,000rpm
・燃費(JC08モード[10・15モード]) 16.0km/L[17.6km/L]

【関連記事】

新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5新型マツダCX-5

この記事をCORISMで読む→

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング