スポーティさを大幅アップした新グレード登場!【VWティグアンR-Line新車情報】【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2012年2月27日 8時8分

VWティグアンR-Line

エアロと19インチホイールなどで圧倒的迫力をもつスタイルに変身!

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUVの「ティグアン」にスポーティな専用パーツ等を装着したドレスアップモデル、新型「ティグアン R-Line」を追加し発売を開始した。

 ティグアンはコンパクトSUVというカテゴリーながら、全幅は1865mmとなかなか大きなボディサイズをもつ。それでも、輸入車の中では標準的なサイズなのだが、132kwのパワーと280Nmというパフォーマンスを持ちながら11.6km/LというVWの誇るTSIエンジンによる低燃費もあり高い競争力を誇っている。そのため、このクラスのSUVとしてライバルメーカー各社がベンチマーク。発売されたばかりのマツダCX-5も、このティグアンを徹底的研究したという。

 この新型ティグアンR-Lineは、ゴルフRやシロッコRに代表されるフォルクスワーゲン スポーツ モデルの頂点に立つ「R」シリーズの系譜を受け継いだドレスアップモデルとして登場した。いわゆるスポーティなエアロフォルムをまとった外観と内装をもったグレードになる。メルセデス・ベンツでいえば、AMGスポーツパッケージやBMWのMスポーツパッケージと同じと考えるといい。日本のマーケットは、少々特殊で多少高価でもこういったスポーティなドレスアップ車が中心に売れていく。ティグアンR-Lineも、そういったマーケットのニーズに合わせたグレードになる。

 VWティグアンR-Line専用装備としては、スポーツサスペンションと19インチアルミホイールに加え、専用の大型フロントバンパーとフロントグリルに付く「R-Line」のエンブレム、ボディ同色のサイドスカート、そしてリヤにも大型バンパー、リヤスポイラーを装備する。

 インテリアには「R-Line」のロゴをあしらったブラックとグレーの2色の専用ファブリックシートやレザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール、ドアシルプレートを装備するなど、高いオリジナリティを誇っている。

 そして、ティグアンR-Lineの価格は426万円で、ノーマルグレードが389万円と37万円高となっている。この装備で37万円アップというの決して安くはない。どうしても、この迫力あるルックスが欲しいというのでなければ、慎重に選ぶことをオススメする。


<ティグアンR-Line 専用装備>
【サスペンション関連】
- スポーツサスペンション
- 255/40R 19インチタイヤ
- 9J X 19インチ5スポークアルミホイール
【エクステリア関連】
- 大型フロント&リヤバンパー
- リヤスポイラー
- ホイールハウスエクステンション(ブラック)
- サイドスカート(ボディ同色)
- R-Line エンブレム
【インテリア関連】
- R-Line 専用ファブリックシート
- R-Line 専用レザー3本スポークマルチファンクションステアリングホイール
(オーディオコントロール付)
- R-Line 専用アルミ調ペダルクラスター(アクセル/ブレーキ)
【ボディカラー】
- キャンディホワイト
- ディープブラックパールエフェクト

<ティグアンR-Line 価格>

・426万円

【関連記事】

VWティグアンR-LineVWティグアンR-LineVWティグアンR-LineVWティグアンR-LineVWティグアンR-LineVWティグアンR-LineVWティグアンR-Line

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング