プジョー208試乗評価 MT派にはたまらない、コンパクトカーらしさ満点の軽快感【レビュー:プジョー】

CORISM / 2013年2月20日 10時30分

プジョー208

小さくて広いコンパクトカー、プジョー208は原点回帰した!

 プジョーと言えば、1980年台にWRC(世界ラリー選手権)で大活躍したプジョー・205ターボ16を思い出す。直列4気筒ターボ・エンジンをミッドシップに搭載、その大パワーを4WDにして路面に伝えWRCのチャンピオン・カーとなったモンスター・マシン。しかし、モンスター・カーでありながら、コンパクトなスポーツ・ハッチバックのプジョー205のイメージを残した205ターボ16は、他のWRCモンスター・マシンより親しみやすく、より身近に感じたマシンであった。

 その後プジョー205はモデル・チェンジにより206、207、そして今回の試乗車である208に至った。モデル・チェンジしても一貫してハッチバック・スタイルは維持し、いつの時代でもスポーティでありながら、斬新でお洒落な伝統なイメージは新しい208でも引き継いでいる。

 新型プジョー208は取り回しを楽にするため、先代の207より前後のオーバー・ハングを切り詰めボディ・サイズを縮小した。ただ小さくするのではなく「207と比べて、外側を小さく、内側を大きなクルマを作ろう」のコンセプトの元、208のインテリアは、その言葉通り広く、大人4人が乗車しても、ゆとりある室内空間を確保している。

1.2Lとは思えない超軽快な208アリュール

 最初の試乗車はベーシックな208 Allure 5MT。メタボの私でもゆったり座れるファブリックのシートは、包み込むように身体を支え、剛性感も高く良いシートである。ドライバーのポジションから通常より前に設置されたメーターパネルは、室内を広々と感じさせ、メーター・リング、ハンドル、ドアノブなどアクセントとしてクロームを使い、エスプリの効いたインテリアはクラスを越えた上質感がある。

 軽めだが節度感のあるクラッチを踏み、1速に入れて街中に乗り出す。クラッチが繋がった瞬間、期待したよりトルクが少なく「アレ!?」と思ったが、少しでもエンジン回転数が増えれば、気持ち良くタコメーターの針は上昇する。

 新開発の3気筒エンジンはバランサー・シャフトが採用されており、アイドリング時に3気筒だと言われないと気付かない程度の振動で4気筒との大差はない。そんな4気筒の比較より、気に入ったのがエンジンの特性。回転の上昇と正比例してトルクが増えていくスポーティな味付けのエンジン。アクセルを踏むのが気持ち良く、シフト・チェンジを積極的インチェンジすれば運転が楽しい。

 但し、「低速トルクが1.5Lにして物足りない」と、同乗していた編集長に伝えたら「1.2Lですよ」との返答。運転している感覚では1.5Lクラスであったので、私は勘違いをしてしまった。1.2Lでは間違いなくピカイチで、運転を楽しめるエンジンである。

 全長は4メートルを切り(3,960mm)の取り回しの良さも、エンジンの気持ち良さとの相乗効果で、ハンドルを握る事が楽しくなってくる。最高出力82ps/5,750rpm、最大トルク118Nm/2,750rpmとスペック的には目立たないエンジンであるが、車重は1,070kgと軽量ボディには必要充分であり、ハンドリングも軽快そのものだ。プジョー208を最も評価したいポイントでもある。

 全長を切り詰めても、207と同じホイール・ベース(2,540mm)を確保した208の乗り心地は、荒れた路面でも衝撃を受け流し乗員には伝えない。走りの質感が高く、ヨーロッパ車のハッチ・バック車のレベルの高さを感じる事が出来る。このモデルに乗っていると、これ以上大きなクルマは不必要だと思ってしまう程、完成度は高い。

 ベーシックのモデルであるが、ESC(エレクトリックス・スタビリティ・コントロール)を装備し滑りやすい路面や高速道路での安全性を高め、万が一の衝突時には強固のキャビンと共にフロント・エア・バッグ、フロント・サイド・エア・バッグ、カーテン・エア・バッグも装備し、上級車に負けない高い安全性を持っている。

 また、左右独立調整式オート・エアコン、雨滴感知式オート・ワイパー、オート・ヘッドライト、クルーズ・コントロールなど実用性の高い装備は標準装備となっている。フロント・ダッシュボードの中央には7インチのタッチ・スクリーンが装備されオーディオや情報などが表示される。しかしナビゲーションが無いなど、直接的な走行性能に関係無い部分には日本車の方が充実している。

本音の新車評価はCORISM

イージーに乗れる1.6L車だが、大幅車重増で持ち味の軽快感は薄まった

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング