超お買い得でスポーティな限定車登場!【ボルボS60 T4 R-DESIGN試乗記】【レビュー:ボルボ】

CORISM / 2012年4月1日 19時19分

ボルボS60 T4 R-DESIGN

価値ある価格とスタイル

 しばらくヒット作がなく、国内では少々存在感が薄かったボルボだが、新型ボルボS60/V60がデビュー後は、かつてのボルボのように絶好調の販売台数となっている。新型ボルボS60/V60のヒットの理由は、美しいデザインと1.6Lの低燃費エンジンの採用、そしてボルボ独自の安全技術である追突回避・軽減のシティセーフティとミリ波レーダーとカメラで人やクルマを認識し自動ブレーキをかけ衝突回避・軽減をするヒューマンセーフティにある。メルセデス・ベンツやBMWのブランドに飽きた顧客にとっては、まさにセンセーショナルで新しさを感じるクルマだ。また、S60DRIVeで375万円というライバルに比べリーズナブルな価格設定も魅力的だ。

 そんな新型ボルボS60にT4 R-DESIGNが100台の限定車として登場した。このS60 T4 R-DESIGNは、専用のサスペンション、エアロパーツ類、本革シート、スポーツペダルなどを装備したスポーティモデル。このスポーティなS60 T4 R-DESIGNは、正直なところ限定車でいいのか? と、思えるほど、マーケティング的に重要なポジションにある。

 それは、スポーティグレードという立ち位置にある。メルセデス・ベンツでいえば、AMGスポーツパッケージ、BMWならMスポーツパッケージがある。このパッケージオプションは大人気。ほとんどの顧客が装着するほどの人気オプション。中古車のリセールバリューも、このオプションがある無しで大きく査定価格が変化するほどだ。日本人は、スポーツパッケージが大好きなのだ。それだけに、ボルボにとってもスポーツパッケージといえるT4 R-DESIGNは非常に重要な価値をもつことになる。この後、V60にも同様な限定車が出ると思われる。

 435万円という価格も絶妙だ。DRIVeと同様に、T4 R-DESIGNはライバルに比べお買い得感のある価格設定。さらに、ライバルには無いセーフティパッケージ25万円が、キャンペーンで10万円で装着できるのだから競争力は高い。

あくまでスポーティな軽快感と良好な乗り心地

 このS60T4 R-DESIGNに乗ると、強化された足まわりの違いに気が付く。専用のモノチューブタイプのダンパー、強化スタビライザーなどなど、よりスポーティな仕様になっているからだ。タイヤは235/40R18とインチアップされているが、意外と乗り心地はよく、ゴツゴツした感じもなく快適。全体的に、無駄な動きが無くなりキュッと引き締まったといった印象だ。

 小回りは苦手だが、1845mmという大きなボディのFF車なのに意外とタイトターンも得意。ロールセンターも下がっている印象もあり、全体的に低重心化されているのかクルマの動きがフラットだ。結構、ヒラリヒラリとコーナーを軽快に抜けていける。それでいて、乗り心地が悪くないのだから、誰にでもお勧めできるスポーティな限定車だ。

 ただし、スポーティからスポーツモードで運転すると、ちょっと不満な点が出てくる。下り坂でハイスピードの走りが続くとブレーキがフェード気味になってしまう。せっかくの18インチタイヤも生かしきれない。強化ブッシュや強化リヤサスペンションアッパーマウントなど、細かい部分も煮詰めた足まわりと同様に、ブレーキにも足まわりのひとつとしてチューニングして欲しいと感じる。ドイツ車とは、ひと味違うスタイリッシュなデザインでありながら、走りも本格派というのが理想。だが、まぁ、そこまで必要としない人には、乗り心地も良好なので十分なスポーティさだと思う。
 

ボルボの世界観を色濃く反映するボルボS60 T4 R-DESIGN

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング