後席中央3点式シートベルト採用で安全性向上し一部改良。【トヨタ ラッシュ新車情報】【ニュース・トピックス:トヨタ】

CORISM / 2012年4月15日 10時10分

トヨタ ラッシュ

保安基準改正による改良

 トヨタは、コンパクトSUVのラッシュを一部改良して発売した。今回の一部改良では、ヘッドレスト(フロント席)の形状を変更するとともに、リヤ中央席にヘッドレストおよび3点式シートベルトを装備。また、外板色に新色ブロンズオリーブパールメタリックを含む7色を設定した。 さらに、従来より設定の特別仕様車X“Smart Edition”(ベース車「X」)の外板色に、特別色アズキマイカを新たに設定した。

 トヨタ ラッシュは、ダイハツ ビーゴとの姉妹車として発売された。1.5Lエンジンを搭載しコンパクトなボディながら、なんとエンジンを縦置きとした本格派4WDなのだ。2006年デビュー当時から、リーズナブルなコンパクトカーながら、滑りやすい急坂を安全に降りることができるダウン・ヒル・アシスト・コントロールなどを装備するなど先進性もあるモデル。

 今回の改良は、保安基準改正を受けてのもの。平成18年3月に道路運送車両の保安基準が改正された。これにより、平成24年7月から生産されるすべてのクルマの後席中央席には3点式シートベルトが装備されることになる。平成18年から24年までは移行期間で、モデルチェンジのときに順次3点式シートベルトが採用することを求めたものだ。

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング