1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

これからのレクサスの顔【まだまだあります! スピンドルグリル集】【特集・コラム:生活・文化】

CORISM / 2012年4月28日 8時8分

レクサスLX

微妙に異なるスピンドルグリル色々

 レクサスGSを皮切りに、大きくそのデザインを統一していく方向性を打ち出しているレクサス。そのデザインアイコンとなるのが、逆台形のアッパーグリルに、台形のロアグリルを組み合わせた形状をもつ「スピンドルグリル」だ。

 国内では、セダンのGSに引き続き、SUVのRXもスピンドルグリルを装着しマイナーチェンジが施された。

 今のところ、スピンドルグリル化されたのは、GSとRXの2台と思われていたが、海外で展開されるモデルも着実にスピンドルグリルを装着されたモデルがデビュー。

 どのモデルも意外とシックリと馴染んでいるのが不思議なくらいだ。どの車種も、基本デザインは同じだが、車種ごとに微妙に異なるディテールを持っている。

 海外モデルだから関係無くはない。今後のレクサスの世界観を感じて欲しい。

レクサスLX

レクサスES

レクサスGS

レクサスRX

【関連記事】

レクサスLXレクサスESレクサスGSレクサスRXレクサスLXレクサスLXレクサスLXレクサスESレクサスESレクサスESレクサスESレクサスESレクサスESレクサスGSレクサスGSレクサスGSレクサスRXレクサスRXレクサスRX

この記事をCORISMで読む→

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング