トヨタGRMN SPORTS FR Concept(トヨタ86ベース)新車情報【ターボとスーパーチャージャーを組み合わせたツインチャージャー搭載!】【ニュース・トピックス:トヨタ】

CORISM / 2012年5月17日 7時7分

トヨタGRMN SPORTS FR Concept

トヨタ86を320馬力に! オーバーフェンダーで、よりワイドに!!

 トヨタは、5月17日(木)から20日(日)まで、ニュルブルクリンク(ドイツ・ラインラント=プファルツ州)で開催される第40回ニュルブルクリンク24時間耐久レースで、“GAZOO Racing tuned by MN(略称:GRMN(ジーアールエムエヌ))”のコンセプトカー「SPORTS FR Concept」を展示する。

 GRMNはGAZOOレーシングがプロデュースする、スポーツコンバージョン車のブランド。すでに、GRMN iQの開発販売予定やG'sと呼ばれるスポーツチューンドラインアップなどを手掛けている。今回のスポーツFRコンセプトは、トヨタのFRスポーツカー86をベースしたものだ。

 このトヨタ86をベースとしたGRMNスポーツFRコンセプトは、なんとターボとスーパーチャージャーを組み合わせたツインチャージャーを搭載。チューンドカー好きには、シビレルくらい強烈な組み合わせだ。恐らく、低回転域ではスーパーチャージャー、高回転域はターボと過給器を使い分けることによって、低回転から高回転まで、幅広い回転域での優れた加速性能を実現しているだろう。

 公開されているスペックは、320psという控えめな数字。少し前に公開されたレガシィの2.0GT DITには、86のエンジンをターボ化した直噴水平対向エンジンが搭載されている。このエンジンのスペックが300ps。多少、低速トルクを出すセッティングのようなので、低速をスーパーチャージャーで補いターボを高回転側でセッティングするのであれば、まだまだパワーが上がることが予想できる。

 また、専用チューニングのサスペンションにより、高レベルの操縦性・走行安定性を実現している。恐らく、今までのGRMNやG'sなどと同様に、ボディのスポット増しなどのチューングも施されているだろう。これらの卓越した走行性能により、スポーツ走行の楽しさを存分に味わうことができる1台としている。

 さらに、スタイリングは、FRらしさを強調する専用のフロントバンパーやリヤフェンダーなどにより、自らが持つパフォーマンスにふさわしいアグレッシブなスタイルへの変更されている。オーバーフェンダーを装備したボディは、よりワイド&ローが強調されると同時に、265/35R18というワイドタイヤが収められている。

 GRMNは、まさに生粋のワークスチューニングブランド。それゆえ、高い完成度が魅力。目が覚めるような圧倒的なパフォーマンスを発揮するマシンへ、いかに86を調理してくれるのか期待が高まる。


【GRMN SPORTS FR Concept 車両概要】

<主要諸元>
全長/全幅/全高(mm) 4,350/1,855/1,250
ホイールベース(mm) 2,570
車両重量(kg) 1,280
最低地上高(mm) 95
トレッド〔前〕(mm) 1,590
トレッド〔後〕(mm) 1,610
タイヤサイズ〔前〕 245/40R18
タイヤサイズ〔後〕 265/35R18
排気量(cc) 1,998
トランスミッション 6速マニュアル
最高出力〔目標値〕(kW[ps]) 235[320]
最大トルク〔目標値〕(N・m[kgf・m]) 421[43.0]

<主要装備>

機能部品 ・GRMN専用ツインチャージャー(スーパーチャージャー+ターボチャージャー)
・GRMN専用チューニングサスペンション
・GRMN専用ブレーキキャリパー&ブレーキローター
・GRMN専用デュアルエキゾースト
・前後異サイズアルミホイール&タイヤ
エクステリア ・フロント/リヤオーバーフェンダー
・レーシングリヤスポイラー
・GRロゴ入りリヤガーニッシュ
インテリア ・専用バケットシート
・4点式シートベルト
・ロールケージ
・追加メーター(ブースト計、水温計、油温計)
・バックスキン調インテリア

【関連記事】

トヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR ConceptトヨタGRMN SPORTS FR Concept

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング