【アウディQ3試乗記】 抜群の乗り心地と軽快感をもつ、アウディ最小のSUV【レビュー:アウディ】

CORISM / 2012年6月19日 8時8分

アウディQ3

全長はコンパクトだが、全幅は1800mm、最小回転半径5.7mと大きめSUV

 アウディは、これまでQ7やQ5によってSUV市場で存在感を示していたが、さらにコンパクトSUVの市場に新規参入するモデルとしてアウディQ3を投入してきた。アウディQ3は比較的コンパクトなサイズのSUVで、エントリーモデルとしてユーザー層を広げる役割を担うことになる。

 コンパクトSUVといっても、コンパクトなのは全長が4385mmに抑えられていることくらい。全幅は1830mmもあって日本では堂々たる3ナンバーサイズである。アウディQ3のようなSUVは、全高の高さからタワーパーキングなどに入れることは少ないから、ボディサイズによる制約は少ないが、それでも1800mmを超えると大きい。18インチタイヤと合わせて最小回転半径も5.7mとやや大きめになっている。

 また、全高は1615mmに抑えられていて、SUVとしてはやや低めの設定である。これもコンパクトなSUVという印象を与えることにつながっている。全体としては、まずまず手頃なSUVと考えていいだろう。

街乗りが似合う、スタイリッシュなデザイン

 アウディQ3の外観デザインは、なだらかに傾斜したルーフラインがクーペを思わせるような雰囲気を持ち、無骨な感じのSUVらしいSUVではなく、街乗りに似合うスタイリッシュなSUVに仕上げている。

 フロントのワンフレームグリルは上部の角が面取りされたほか、縦のラインを強調してSUVらしい力強さを表現している。また、アウディの特徴ともいえるLEDランプは、これまでは波打つようなライン形状で使われることが多かったが、今回のQ3ではコの字を描くような形で四角く使われている。

 インテリアは、ドライバーオリエンテッドにデザインされたインパネ回りが、いかにもアウディらしい質感を表現しているが、木目パネルの使用などは控えめで、アウディならこれくらいは当然といった感じでもある。強いて言えば、水平なラインによって上下二分割するような形のデザインが採用されたのが目新しい部分だ。

 後席の居住空間は、足元のニースペースの余裕がやや小さめだが、これはコンパクトSUVゆえのこと。ヘッドクリアランスは十分に確保されている。分割可倒式リヤシートやリバーシブル式のラゲッジボードなどによって、荷室スペースの使い勝手もまずまずだ。

軽快なフットワークとパワフルなエンジン

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング