プジョー508 1st Anniversary新車情報 ドイツ車とは、ひと味違う世界観を感じる1周年記念モデルが登場【ニュース・トピックス:プジョー】

CORISM / 2012年7月1日 12時12分

プジョー508 1st Anniversary

プジョーらしさが凝縮したお買い得感あるフラッグシップモデル

プジョーは、プジョーのフラッグシップモデル「508」の日本導入1周年を記念して、「508 1st Anniversary」を設定し、販売台数はセダン80台、SW(ステーションワゴン)120台として7月6 日(金)より販売を開始する。

 プジョー508 1st Anniversary」は、上級モデルの Griffe をベースに、新デザインの 17 インチアロイホイールとナッパレザーをあしらった高品質なインテリアが特徴。そして、レザーカラーは通常モデルにはないブラウン系を設定。ちょっと、特別な限定感が感じられる部分だ。

 運転席ポジションメモリーやリバースギア連動チルト機能付ドアミラーなどの装備も追加しながら、価格は通常モデルの上級グレード Griffe から 10 万円アップとし、魅力的な設定としている。

 プジョー508は、2011年7月にデビュー。この年の日本カー・オブ・ザ・イヤーでは、10ベストカーに残るなど高い評価を受けたクルマでもある。また、508はプジョーラインアップでは、フラッグシップとなるモデルで、猫足と言われるフットワークは、荒い路面でも快適な乗り心地を誇っている。日本でのプジョーは、小型車を中心として高い人気を誇るメーカー。それゆえに、508は爆発的に売れているという訳でないが、流麗で個性的なスタイルなど、このスタイルに惚れ込んでしまえばかなり満足度は高い。

 また、サイズ的にもダウサイジング化されたエンジンなど、VWパサートがライバルに上げられる。低価格戦略を徐々に推し進めるVWの価格よりは、多少高価な価格設定ではあるものの、他のドイツ系FF車に比べれば、かなりリーズナブルな設定だ。個性的なクルマが欲しい、と望む人はぜひ一度乗ってみるといい。ドイツ車とは、ひと味違う世界観があるクルマだ。

<プジョー508 1st Anniversary価格>
・セダン 4,240,000円
・SW 4,470,000円

■プジョー508 1st Anniversary概要
【ボディカラー】
ペルラネラ・ブラック、エジプシャン・ブルー、ビスター、パール・ホワイトの全 4 色
【特別装備品】
① 17 インチアロイホイール(Style 05)
(ホイール/タイヤサイズはベース車両と同様)
② ナッパレザーインテリア
プジョーでは RCZ のみに採用されている高品質な「ナッパレザー」が、シート、センターアームレスト、およびドアトリムに装備。ナッパレザーの素材には、厳選された高品質のドイツ・バイエルン地方産の牡牛牛革が使用され、通常のレザーに比べ特別ななめし工程を経ることで、非常に滑らかで柔らかい感触が特徴。色はキューバ産高級葉巻のブランド名に由来するコイーバ(Cohiba)。
③ 運転席ポジションメモリー
運転席のシートポジション、およびドアミラーとヘッドアップディスプレイの角度を2名分登録し、呼び出すことができる。
④ アクティブ・ランバーサポート
運転席のランバーサポートが自動的に、膨張、収縮を繰り返す機能を装備。
⑤ リバースギア連動チルト機構付ドアミラー
シフトレバーがリバースに入ると、選択した側のドアミラーがあらかじめ設定した角度になる機能を装備。
⑥ ウェルカム機能
ドライバーの乗り降りがしやすいように、シートが自動的に前後に動く機能を装備。

【関連記事】

プジョー508 1st Anniversaryプジョー508 1st Anniversaryプジョー508 1st Anniversaryプジョー508 1st Anniversary

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング