マツダ ベリーサ新車情報 長寿モデル一部改良で、さらに上質感をアップ!【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2012年7月4日 4時4分

マツダ ベリーサ

上質なコンパクトカーが、法規制対応で全席3点式シートベルト装備

 マツダは、コンパクトカー「マツダ ベリーサ」を一部改良し、発売を開始した。

 マツダ ベリーサは、2004年にデビューし、すでに8年目を迎える長寿モデル。販売台数も3桁台/月と売れているクルマというわけではない。しかし、それほど売れていないから見慣れていないということを差し引いても、未だに古く見えない個性的なスタイルをもつ不運な実力派ともいえる。デザイン同様に、小さくても上質でオシャレなインテリアも魅力だ。ただし、エンジンやミッションなどは、もう完全に一世代前のものとなっている。このクラスでは、デミオなども搭載するようにミッションCVTが主流だが、ベリーサは4ATのまま。搭載される1.5Lエンジンも、JC08モード燃費で16.4km/Lと最新のカローラ アクシオの20.0km/Lと比べるとさすがに分が悪い。

 販売台数が期待できないモデルであるため、マツダもハード面の刷新などに投資できないようだ。そのため、今回の一部改良も内装を中心とした変更がメイン。これも、法規制された全席3点式シートベルト装備のための変更の影響を大きく受けているのだろう。

 マツダ ベリーサは、今回の変更で、ボディカラーに上品な新色の「ドルフィングレーマイカ」を追加し、全7色とした。「C」グレードのシート座面色は、これまでのライラックグレーに代わり、落ち着いた雰囲気の「テーラードブラック」を設定。メーターフードやグローブボックスリッドなども黒基調に変更することで、プレミアム感をより高めた内外装となった。

 加えて、前席と後席外側のヘッドレストをそれぞれ大型化し、形状を変更するとともに、法規に合わせリア中央座席にヘッドレストおよび3点式シートベルトを設定した。また、今回マツダは、これらの変更を受けたベリーサの価格を上げていないのは、好感が持てる。

<マツダ ベリーサ価格>
・L 2WD(FF) 1,675,000円
      e-4WD 1,864,000円
・C 2WD(FF) 1,550,000円
      e-4WD 1,739,000円

【関連記事】

マツダ ベリーサマツダ ベリーサマツダ ベリーサ

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング