フィアット500ツインエア新車情報 日本初導入の5MTを搭載! ちょっと多い? 計650台の限定車SPORT/SPORT PLUS【ニュース・トピックス:フィアット】

CORISM / 2012年7月7日 7時7分

フィアット500ツインエア

数々の特別仕様車があるフィアット500。今度の限定車は、国内初となる待望のMTを採用!

 フィアットは、2気筒のツインエアエンジンを搭載したフィアット500TwinAirの特別仕様車、「500 TwinAir SPORT 」(チンクエチェント ツインエア スポーツ)および「500TwinAir SPORT PLUS」(チンクエチェント ツインエア スポーツプラス)の発売を開始した。この限定特別仕様車は、2007年7月4日にイタリアで発表された現行モデルの500が、デビュー5周年を迎えたことを記念しての発売となり、計650台の限定モデルとなる。

 先代フィアット500(チンクエチェント)は、クルマ好きでなくてもアニメ ルパン三世の愛車とし日本でも馴染みのあるクルマだ。小さな丸みを帯びたキュートなデザインは、誰もが思わず微笑んでしまうような和み系。それゆえに、多くのファンに愛され約20年も生産された、まさにフィアットを代表する歴史的モデルでもある。

 そして、三代目フィアット500は、日本で2008年にデビュー。二代目のユニークなスタイルを継承しながら、最新のデザイントレンドとハードを駆使して登場した。当然、日本マーケットでは、フィアットにとって過去に例のないくらいの販売台数を記録する大ヒットモデルになった。多くのユーザーが、フィアットの販売店を探すのが困難と言われているくらい少ないフィアットディーラーに押しかけた。また、フィアット側の努力も素晴らしく、顧客を飽きなせないように、次から次へと個性的な限定車や特別仕様車を投入し、フィアット500の話題が常に新鮮であるよう工夫している。

 今回、デビュー5周年を迎え「500 TwinAir SPORT」および「500 TwinAir SPORT PLUS」を用意。まるで、同じイタリアのオートバイメーカー、ドゥカティを思わせるような2気筒エンジン、ツインエアを搭載した。ツインエアエンジンは、振動やフィーリングがまるオートバイのようで、とてもドキドキする官能的なもの。元々は、環境性能を高めることを目的に開発されインタークーラー付ターボエンジンでもある。

 この2台の限定車には、2種類のトランスミッションが組み合わされている。「500 TwinAir SPORT」(400台限定)には、現行の500 / 500C TwinAirと同じATモード付5速シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」を搭載。一方、「500 TwinAir SPORT PLUS」(250台限定)には、ツインエアエンジンでは日本初導入となるマニュアルトランスミッションを搭載した。MT好きのファンにとっては、まさに待望の1台ともいえるだろう。

 エクステリアは、リアルーフスポイラーやピアノブラックルーフ(500 TwinAir SPORT PLUSのみ)、マットブラックのアルミホイールなどを装着し、インテリアには濃色系のボディカラーとブラック基調のスポーツシートを採用した。

 最近、超円高を背景に多くの輸入車メーカーが採用しているメンテナンスプログラムも、この「500 TwinAir SPORT」および「500 TwinAir SPORT PLUS」に付帯される。超円高で価格が下がらないのだから、これくらい当然でもある。そうは言っても、とくに、輸入車ビギナーで、フィアットの信頼性に今ひとつ不安を感じている潜在顧客にとっては、とてもいいサービスだ。このメンテナンス・プログラム「フィアット イージー ケア」を、FIAT車では初めて標準付帯。3年間、専門スタッフによるサポートを提供する。

500 TwinAir SPORT / 500 TwinAir SPORT PLUSの公式特別ウェブサイトは以下の通り。
http://www.fiat-auto.co.jp/product/t...


<フィアット500 TwinAir SPORT(チンクエチェント ツインエア スポーツ)価格>
・2,300,000円

<フィアット500 TwinAir SPORT PLUS(チンクエチェント ツインエア スポーツプラス)価格>
・2,350,000円

【関連記事】

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング