トヨタ カローラ フィールダー試乗記 カローラの名が付いても若者向けワゴン。メリットの少ない1.8Lは、ジックリ選べ!【レビュー:トヨタ】

CORISM / 2012年8月8日 9時8分

トヨタ カローラ フィールダー

バランスのよい高い完成度を誇るカローラ フィールダー

 新型カローラには、セダンのアクシオのほかにステーションワゴンのフィールダーも設定された。これはこれまでと同じ展開である。

 カローラというと、おじさん向けのクルマと考えている人が多いが、実はそうではない。もう何年も前から、カローラの中ではセダンよりもワゴンのフィールダーのほうが良く売れるようになっている。

 フィールダーは、30代を中心とする年齢の若いユーザーに売れているので、カローラはむしろ若者向きのクルマというのが実像である。おじさん向けのセダンは、今ではカローラの副次的な性格なのだ。

 今回のモデルでは、アクシオの搭載エンジンが1.3Lと1.5Lになったのに対し、フィールダーでは1.5Lと1.8Lが搭載されていて、このエンジンバリエーションだけを見てもアクシオとフィールダーの性格の違いが容易に想像がつく。

 外観デザインは、セダンのアクシオに比べると若々しさやダイナミックさなどを感じさせるが、これはステーションワゴンというボディ形状によるところが大きい。基本骨格はアクシオと変わらないので、デザインが平凡であるのは同じである。

 同様に、パッケージングの密度が高められたことも共通している。フィールダーは旧型モデルに比べて全長が60mm短くなったが、これはフロントのオーバーハングの部分の短縮によるもの。ホイールベースは変わらないし、室内の居住空間やラゲッジスペースなどはむしろ拡大している。

 フラットでスクエアなラゲッジスペースは、荷室長や最大荷室長、荷室高などが拡大されて、たっぷりした容量を持つようになった。遊び道具を積んでレジャーに出かけるタイプのユーザーに勧められるクルマである。

 また、最小回転半径が4.9mと小さくなって取り回し性能に優れることや、乗降性の良さ、視界の良さなど、扱いやすいクルマになっている点はアクシオと共通する長所だ。

買うメリット無し? 1.8Lエンジンは、エコカー減税不適用。

 フィールダーでは、1.5Gエアロツアラーと1.8Sエアロツアラーの2車種に試乗した。先にアクシオに乗った後でフィールダーに乗ったので、走り出した瞬間からおやっという感じになった。乗り心地というか、足回りの印象に違いが感じられたからだ。

 タイヤは、1.5Gが175/65で1.8Sが185/60という違いがあったが、どちらも15インチで、1.5Gにはアクシオと同じエコピアが装着されていた。サスペンションの味付けが乗り心地の違いにつながっている。

 アクシオに比べ、明らかにしっかりした感じのフィールダー乗り味は、より好ましいものといえる。乗り心地を重視する年配のユーザーにはアクシオの足回りも良いのだろうが、若いユーザーが中心のフィールダーには、この足回りが適している。

 1.5Lエンジンでも動力性能に不満はなく、十分に良く走る印象だが、1.8Lエンジンを搭載する1.8Sエアロツアラーの走りは一段とスポーティなものとされている。103kW/172N・mのパワー&トルクは1200kgを切るボディに対して余裕十分といった感じである。

 かつてのフィールダーには、はるかにパワフルなハイオク仕様の1.8Lエンジンが搭載されていた時代もあったが、今どきのエンジンはレギュラー仕様で燃費性能も重視するのが常識。かつてのパワフルなエンジンの仕様は、かつての時代の、また最新モデルの仕様は、今の時代の社会環境を反映したものといえる。

 とはいえ、新型フィールダーの1.8Lエンジン搭載車は燃費基準を達成していない。エコカー減税が適用されないのは、今どきのクルマとして少しばかり物足りないところである。

フィールダーもアイドリングストップ機能は、高価なオプション設定。エコ時代なのだから、全車標準装備は当然!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング