新型トヨタ オーリス新車情報 走りにこだわる! 徹底的に走行性能を磨いたスポーツハッチバック誕生!!【ニュース・トピックス:トヨタ】

CORISM / 2012年8月20日 13時40分

トヨタ オーリス

スポーツハッチバックをテーマに、まったく違うデザインで生まれ変わった新型オーリス

 トヨタは、コンパクト5ドアハッチバックのオーリスをフルモデルチェンジし、発売を開始した。

 トヨタ オーリスは、2006年にデビュー。先代オーリスは、丸みを帯びたデザインをもち、直感性能をキャッチフレーズにしたモデル。ヨーロッパを主戦場とし、VWゴルフなどがライバル。そのため、徹底的に走りを磨きこんだハッチバックとして、多くの話題を集めたモデル。また、ヨーロッパでは、ハイブリッドシステムを搭載したオーリスも用意されていたが、日本には導入されることは無かった。

 フルモデルチェンジで、2代目となった新型トヨタ オーリスも前モデル同様にヨーロッパを主戦場とすることには変更はない。今回のフルモデルチェンジでは、スポーツハッチバックをテーマに開発が進められた。そのため、前モデルの面影をまったく感じさせないシャープなスタイリングに生まれ変わった。

 欧州の自動車メーカーの多くが、フルモデルチェンジの際には、先代モデルの面影を感じさせる。そのモデルに一貫性を持たせると同時に、先代モデルへの敬意を表する意味も兼ねているという。

 新型オーリスは、そんな部分をまったく感じさせないくらい、バッサリと先代オーリスのイメージを消し去った。

 新型オーリスのスタイリングは、かなりエモーショナルな雰囲気にまとめられている。ウェッジシェイブ化されてフロント部分は、薄く切れ長のヘッドライトを採用。そこに、センターのエンブレムから伸びる1本のクロームメッキグリルが加わり、よりシャープなフェイスを創り出している。トヨタ ウイッシュのフェイスと共通するディテールだ。

 シャープでスッキリとしたフロントフェイスに対して、リヤビューは、かなりコッテリした印象。雰囲気は、レクサスCT200hにも似ている。リヤゲートのガラス下から、水平に後方へ伸ばすデザインや、複雑な立体造形をもつコンビネーションランプなど、深く複雑な凹凸でエモーショナルな印象を与えている。そして、全高は55mm下げられ塊感のあるフォルムを創り出した。

 インテリアは、適度にタイトな空間となっている。横基調のインパネ周りなど、スッキリとまとめられている。メーターは、高級グレードには2眼オプティトロンメーター、ベーシックグレードには3眼のアナログメーターが用意されている。

また、アイドリングストップ機能はオプション設定

 搭載されるエンジンは、1.8Lと1.5Lの2タイプ。さらに、1.8L車には6MTのRSが用意される。エンジンスペックは、RSがハイオク仕様となることで、若干パワーアップしており106kw&180Nm、レギュラー仕様の1.8Lの180Gは105kw&173Nmとなっている。この微妙なパワー差で、6MTをハイオク仕様にして無用に燃料費ユーザーに負担させる意味は、あまりないように感じる。1.5L車は、80kw&136Nmをアウトプットする。

 燃費はJC08モードで1.5L車が18.2km/L。オプションのアイドリングストップ機能を装着すると、19.2km/Lとクラストップレベルの低燃費になる。これは、ライバルであるVWゴルフの19.0km/Lを上回る立派な数字だ。しかし、子会社ダイハツのムーヴが軽自動車でありながら、アイドリングストップ機能を全車標準装備。それなのに、これだけ高額な新型オーリスがオプションである。他車種も含め、多くの開発関係者からは、ぜひ標準装備したかったのだが、営業側から利益と販売台数が望めなくなるからNGということになったと説明する。残念な傾向である。

 そんなこともあり、1.8L車には未だオプションでもアイドリングストップ機能は用意されていなく燃費は16.0km/L。そして、微妙な1.8LのRSに積まれるハイオク仕様は、14.4km/L。ハイオク仕様で燃料費が増えるのに、燃費も微妙。6MTやスポーツバージョンが好きでも、こうなるとよほど好きでないと積極手に勧められない。

1.8L車は、リヤにダブルウィッシュボーンサスを採用。質の高い走りに期待!

 先代オーリスと同様に、新型オーリスも走りには強いこだわりをもって開発されている。スポーツハッチバックということで、全高は55mm下げられたが、これはカッコだけの問題ではなく、着座位置も40mm下げられ、よりスポーティなドライビングポジションとなった。

 さらに、足回りをシッカリと動かすために、ボディのねじり剛性を10%向上させている。1.8L車には、なんとダブルウィッシュボーン式のリヤサスを奢る。ボディ剛性のアップとダブルウィッシュボーンのリヤサスのおかげで、安定性が大幅に向上。快適な乗り心地とスポーティなハンドリングを両立することができた。新型オーリスで、期待したい部分のひとつでもある。

 しかし、残念なことに、このダブルウィッシュボーンのリヤサスは、量販グレードであるFFの1.5L車には装着されない。ここもトヨタらしいところで、より多くお金を出した人のみが楽しめる設定。ちなみに、スバル インプレッサはFFの1.6L車廉価グレードでも、リヤサスはダブルウィッシュボーン式である。

 狭い道や駐車場での出し入れなど、使い勝手の基準となる最小回転半径は5.2mと標準的。しかし、欧州でライバルとなるVWゴルフは、新型オーリスより小回りの効く5.0mとなっている。

 新型トヨタ オーリスは、先代と同じなら、欧州ではガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドと多彩なライナップを誇ることになる。残念ながら、今のところ期待のハイブリッドは導入されないようだ。

 トヨタのハイブリッド車の多くは、コストの安いトーションビーム式が採用されている。もし、新型トヨタ オーリスにハイブリッドモデルが登場し、リヤサスに高性能なダブルウィッシュボーン式サスペンションが使われたとするならば、トヨタブランドで新型オーリスが最もスポーティなハイブリッド車となる可能性が十分に高い。それは、レクサスCT200h並のハンドリング性能を持つということだ。古典的な6MT設定でスポーティさというよりも、新型オーリス ハイブリッド+ダブルウィッシュボーンリヤサスの組み合わせの方が、新時代トヨタ車のスポーティラインアップとして注目を集めるのではないだろうか。

<新型トヨタ オーリス価格>
・150X 1,790,000円
C Package 1,710,000円
S Package 1,980,000円

・150X 4WD 1,979,000円
C Package 1,899,000円
S Package 2,169,000円

・180G 2,060,000円
S Package 2,210,000円

・RS 6MT 2,020,000円
S Package 2,250,000円



代表グレード トヨタ オーリス150X Sパッケージ
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高) 4,275×1,760×1,460mm
ホイールベース[mm] 2,600mm
トレッド前/後[mm] 1,525/1,525mm
車両重量[kg] 1,220kg
総排気量[cc] 1.496cc
エンジン最高出力[kw(ps)/rpm] 80(108)/6,000
エンジン最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 136(13.9)/4,800
ミッション CVT
タイヤサイズ 205/55R16
JC08モード燃費 18.2km/L
定員[人] 5人
税込価格[円] 1,980,000円
発売日 2012/8/20
レポート 編集部
写真 編集部

2012年8月13日更新 スポーティさを大幅アップした新型トヨタ オーリス。走りにこだわった1.8Lのリヤサス

 新型トヨタ オーリスが8月20日にフルモデルチェンジする。すでに、販売店では先行受注を開始している。

 トヨタ オーリスは、2006年10月にデビュー。VWゴルフなど、ヨーロッパのCセグメントのカーと対等に戦うために開発されたモデル。日本では1.5L車を中心に、余裕ある走りの1.8Lを用意。モデル途中から、1.8L車には、より走りを意識した6MTのRSがラインアップに加わった。

 また、オーリスにはブレイドと呼ばれた姉妹車が存在した。トヨタの最上級ハッチバックとして、2.4Lエンジンを搭載したモデルだった。モデル途中で、なんと3.5LのV6エンジンを搭載したブレイドマスターが登場しマーケットを驚かせた。

 ヨーロッパでは、ディーゼルエンジン搭載車はもちろん、2010年にプリウスと同じハイブリッドシステムを搭載したモデルを販売。日本への導入も期待されたが、導入されることはなかった。

 そんなトヨタ オーリスが8月20日にフルモデルチェンジする。

 すでに受注活動中の販売店によると、今度のオーリスは、ガラリとボディデザインが変更されるという。全体的なイメージは、レクサスCT200hのようなシャープなラインをもち、今までのトヨタ車にはないテイストをもつデザインに大きく変更されるようだ。

 搭載される予定のエンジンは、現行モデルと同じく1.5Lと1.8Lの2タイプ。そして、1.8Lには6MTのRSも用意されるという。また、アイドリングストップ機能は、1.5L車にオプション設定らしく、1.8Lには設定されていないようだ。これらのエンジンは、カローラフィールダーと同じだろう。残念ながら、新車発表時には、ハイブリッドモデルは存在しないようだ。ハイブリッドモデルの投入にも期待したい。

 販売店がとくにプッシュしてくるのは、1.8Lのスポーティグレード。リヤサスがダブルウィッシュボーン式になるらしく、スポーティさは格別だとの説明だった。

 大きくイメチェンし登場する新型トヨタ オーリス。価格も若干アップするとのことだ。

【関連記事】

トヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリストヨタ オーリス

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング