新型ランドローバー・レンジローバー新車情報 世界初! SUV初のオールアルミボディ製ボディをまといフルモデルチェンジ!【ニュース・トピックス:ランドローバー】

CORISM / 2013年1月22日 10時45分

ランドローバー・レンジローバー

オールアルミボディで190kgのダイエットに成功!

  ランドローバーは、新型「レンジローバー(Range Rover)」を発表。2013年3月2日より、発売を開始する。

 新型レンジローバーは、SUVとして世界初のオールアルミボディをもつ。従来型のスチールボディからボディシェルだけで約39%、およそ180kgを超える軽量化を実現した。日本導入モデルでは、5.0V8 NA搭載モデル比で、なんと190kgの軽量化に成功した。

 軽量化は、パフォーマンスの向上や、CO2排出量低減や燃費の向上などの環境性能に大きく貢献する。0-100km加速は、5.0V8 NAで6.8秒、5.0 V8 SCでは5.4秒と、スポーツカー並の加速性能を実現している。アルミボディにより軽量化されたとはいえ、燃費は5.0V8で5.8km/L、5.0 V8 SC 5.3km/Lと、とくに優れた数値ではない。メルセデス・ベンツML63AMGが、5.5L V8ツインターボを搭載し、車重は約2.4トンで燃費は7.6km/Lなので、燃費に関してはもうひと頑張り欲しいところだ。ミッションは、ZF製8速ATを採用。クロスレシオを採用し、変速ショックを感じさせないスムースさが魅力だという。

コストアップにもかかわらず、価格アップは微少。評価したい部分だ。

 新型レンジローバーのスタイルは、ボンネット前部の両端を盛り上げた特徴的なクラムシェル・ボンネット、フローティング・ルーフ、サイド・フェンダー・ベントなど、レンジローバー伝統のアイコン的デザイン要素を継承しながらも、SUVらしい無骨さが姿を消し最高級SUVらしい洗練されたものになった。

 インテリアは、まさにラグジュアリーSUVの名にふさわしい仕上がり。エクステリア同様に、伝統のデザイン要素を継承しているものの、雰囲気はイッキにモダンになった。表面のスイッチ類を半減させるなど、シンプルに仕上げキャビンは剛性の高い構造としている。最高級のレザーとウッド/カーボンパネルを用いて、極めてシンプルに仕上げた結果、まるで高級ホテルのラウンジにでもいるような錯覚を起こさせるほどリラックスできる空間に仕上げている。

 この特別な空間を手に入れるためのスターティングプライスは、1,230万円。オールアルミボディになり、大幅なコストアップとなっているのにもかかわらず、日本法人の努力のかいがあり、前モデルに比べるとわずか10万円の上昇に抑えられているなど十分に評価できる。

レンジローバー 価格 燃費 スペック等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング