アウディA6オールロードクワトロ新車情報 3世代目となったプレミアム オフローダー【ニュース・トピックス:アウディ】

CORISM / 2012年8月24日 8時8分

アウディA6オールロードクワトロ

ラグジュアリーなワゴンなのに、タフなオフローダースタイルをもつクロスオーバー車

 アウディは、新型「Audi A6 allroad quattro(オールロード クワトロ)」を全国300台限定で発売を開始した。

 アウディA6オールロードクワトロは、A6アバントをベースにアンダーガードや樹脂製フェンダーアーチなどを加え、SUVの力強さプラスしたクロスオーバーモデル。また、アウディA6のもつプレミアム感が加わった高級オフロードモデルでもある。

 A6オールロードクワトロは、2001年に国内マーケットに投入された。A6をベースとし、2.7L V6 DOHCインタークーラー付きターボという、ハイスペックエンジンを搭載。プレミアムな車種でありながらワイルドという相反する要素をもつモデルだ。さらに、ハイスペックエンジンを搭載することでオフロード車はドン臭いというイメージを完全に払拭した。オンロードでも妙に速いクロスオーバー車として、絶大な人気を誇った。

 今回は初代オールロードクワトロ、2006年の2世代目A6オールロードクワトロに続き、3世代目となる。2012年2月にモデルチェンジした新型A6アバントベースとした。

 エクステリアには、コントラストカラーのバンパー、大型ホイールアーチ、アルミニウムサイド大型ドアアンダープロテクター、ステンレスアンダーガード、アルミニウムルーフレールなど数々の専用装備を採用。ボディカラーには「グレイシアホワイト」と「ファントムブラック」の2色を用意。内装はブラックを基調に本革シート(ミラノレザー)とファイングレインアッシュのデコラティブパネルが組み合わされる。

 エンジンは、スーパーチャージャー付き3LのV6直噴ガソリンエンジン「3.0 TFSI」を搭載。228kWのパワーと440Nmという4.5L車並の大トルクを発揮する。ミッションは、デュアルクラッチ式の「7速Sトロニック」と、アウディの看板技術である「クワトロ」(フルタイム4WDシステム)が組み合わされている。

 また、車高はー15mm/標準/+35mmの3段階で調整可能なアダプティブエアサスペンション装備。さらに、ヒルディセントコントロールを標準装備して、本格的なオフロード性能も確保している。なおアウディA6 オールロードクワトロはエコカー減税 (自動車重量税50%減税、自動車取得税50% 減税、自動車税25% 減税) ならびに エコカー補助金の対象車となっている。

 アウディA6オールロードクワトロは、889万円と高価ではあるが、ライバル不在となる車種。さらに、300台限定という希少性をアピールされると、ぜひとも手に入れたくなる1台である。ただし、A4オールロードクワトロのように、毎年出てくると満足度も低下する。来年、またA6オールロードクワトロが限定車として発売されないことを祈り買うしか無いだろう。このタイプの車種は、アウディの中にあってもリセールバリューは高いので、短いサイクルで乗り換えなら、追金が少なくなるのも魅力だ。

■アウディA6オールロードクワトロ価格:¥8,890,000

■アウディA6オールロードクワトロ スペック
・型式:DBA-4GCGWB
・全長×全幅×全高(mm):4,940×1,900×1,500
・総排気量(cc):2,994
・エンジン種類:V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
・最高出力[ネット]:228kW(310ps)/5,500-6,500rpm
・最大トルク[ネット]:440Nm(44.9kgm)/2,900-4,500rpm
・駆動方式:クワトロ(フルタイム4WD)
・トランスミッション:7速 Sトロニックトランスミッション
・ハンドル位置:右

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング