ミニ クロスオーバーRed Hotパッケージ新車情報 スポーティなカスタムパッケージが約50%オフ!【ニュース・トピックス:ミニ】

CORISM / 2012年9月2日 11時11分

ミニ クロスオーバーRed Hotパッケージ

うれしいカスタマイズパッケージの大幅ディスカウント! ミニクロスオーバーを狙うなら今がチャンス

 BMWはMINI史上、最も大きな初の4ドア・モデル、ミニ クロスオーバーのクーパー クロスオーバー、クーパーSクロスオーバー、ミニ クーパーSオール4に、カスタマイズ可能なデザイン・パッケージ「Red Hot(レッド・ホット)パッケージ」を設定し発売を開始した。

 ミニ クロスオーバーは、2011年1月に日本に導入。これがミニなのか? と、思わせるくらい大きなボディと4つのドアをもつモデルとして登場した。従来のミニファンから見れば、これほど大きくてはミニではない、などの意見もあったのだが、今では人気モデルとして成長している。日本マーケットにおいては、やはり3ドアのミニでは実用性が低いということもあり、ミニに共感していても実際に買うことをためらっていたユーザーが多かった。しかし、このミニ クロスオーバーの登場で、そんな顧客を含め一定以上の実用性を求める新規顧客を呼び込んだ。

 このレッド・ホットパッケージは、そんなミニ クロスオーバーに数々の専用パーツでスポーティなカスタマイズを可能としている。ミニは、カスタマイズすることにより、自分だけの1台に仕上げることができることが出来る楽しさをもつ。そんな楽しさをレッド・ホットパッケージは、リーズナブルに楽しめる設定になっている。グレードにより価格は若干異なるが、約60万円相当のオプション装備を約半額となる32万円。または、約40万円相当のオプション装備を27万円で装備することができるのだ。

 最近の輸入車が、よりよい装備を付けて価格据え置きや、このレッド ホットパッケージのバーゲン価格設定など、その背景にはやはり超円高という環境がある。VWなどは、徐々に車両価格を下げ始めており、国産車とも十分に戦える価格競争力を得ている。

 しかし、ミニのような圧倒的なブランド力をもつと、メーカー側からみれば、大きな利益幅を減らすことはなかなかできないのが現状だ。そうなると、こういったパーツ類のディスカウントが、もっとも簡単な利益還元策となり、また、更なる拡販にもつながる。だが、元々ミニが欲しかった顧客にとってはメリットがあるものの、予算やブランドを含め今まで縁遠かった顧客には、この手法ではなかなか届かない。ミニ クロスオーバーは、決して安いクルマではないので、エントリーモデルの価格引き下げと同時に、こういったお買い得感のあるパッケージオプションを並行して進めてほしい。

<ミニ クロスオーバーRed Hotパッケージ価格>
・MINI Cooper Crossover用 320,000円
・MINI Cooper S CrossoverおよびMINI Cooper S Crossover All4用 270,000円


<MINI Cooper Crossover用Red Hotパッケージの装備内容>
ヘッドライナー・アンスラサイト
インテリア・サーフェス・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
コックピット・サーフェス・ピアノブラック
スポーツ・ボタン
ブラックリフレクター付バイキセノン・ヘッドライト
ホワイト・ターン・インジケーター
ミラー・キャップ・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
サイド・スカットル・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
ラジエーター・グリルバー・アンソラサイト(パッケージ専用品)
ルーフ・レール・アンソラサイト(パッケージ専用品)
アロイ・ホイール・ターボファン 18 インチ アンスラサイト
リア・スポイラー
スポーツ・シート
ボンネット・ストライプ・ブラック

<MINI Cooper S CrossoverおよびMINI Cooper S Crossover All4用Red Hotパッケージの装備内容>
インテリア・サーフェス・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
コックピット・サーフェス・ピアノブラック
スポーツ・ボタン
ブラックリフレクター
ホワイト・ターン・インジケーター
ミラー・キャップ・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
サイド・スカットル・ブラックチェッカード(パッケージ専用品)
スターダブル・スポークコンポジット18インチ アンスラサイト
ボンネット・ストライプ・ブラック

*ボディ・カラーについては、MINI Crossoverに設定のある全色から選択が可能。

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング