フォルクスワーゲン CC新車試乗記 マジメさ際立つ、国内VWブランドの最上級車【レビュー:VW】

CORISM / 2012年9月10日 10時10分

フォルクスワーゲン CC

国内のVW最上級車となるCCは、優雅なスタイルと上質な空間がウリ!

 フォルクスワーゲンは、パサートCCをマイナーチェンジするのに合わせ、車名をフォルクスワーゲンCCに変更して2012年7月から発売した。

 車名の変更は、本国での変更によるもの。本国ではパサートCCを高級車フェートンとパサートセダンの中間に位置する上級車として位置付け、パサートから独立させる方針だ。フェートンを導入していない日本でも同じ車名が使われることになった。日本にはフェートンが輸入されていないので、フォルクスワーゲンCCがフラッグシップモデルとなる。CCとは、Comfort Coupe(コンフォート クーペ)の略称だ。

 マイナーチェンジなので、外観デザインに大きな変更はない。流れるようなクーペ風のルーフラインを持つ4ドア車であるのは従来通りだ。その上で、前後のグリルやランプ回りのデザインを水平基調のものに変更し、フロントのポジショニングライトやテールライトにLEDを採用するなどの改良が行われた。

 インテリアは上質なナパレザーの本革シートを全席に採用するととも、シートカラーはブラックのほかに茶系のトリュフ&チタンブラックと明るいデザートベージュ&チタンブラックの組み合わせが採用されている。

 また、遮音フィルムを内蔵したフロントガラスを採用したほか、ボディ随所に遮音材を追加し、上級モデルにふさわしい優れた静粛性も確保したという。

エンジンは1.8LTSIへダウンサイジング。ミッションも7速DSGに変更

 搭載エンジンは、動力性能と低燃費を両立した1.8LのTSI(直噴ターボ仕様)エンジンに変更された。従来は2.0LのTSIとV型6気筒3.6Lの直噴仕様(4WD車)だったから、エンジンのダウンサイジングを図るフォルクスワーゲンの考え方がここでも徹底された形だ。

 パサートには、1.4LのTSI、パサートオールトラックには2.0LのTSIが搭載されているので、フォルクスワーゲンCCの1.8Lはその中間に位置することになる。オールトラックは4WDで重量も重くなるため2.0LのTSIを搭載している。

 動力性能は、118kW/250N・mの実力で、従来のパサートCCの2.0LのTSIに比べるとパワーは20%ほどダウンしているが、トルクは10%ほどのダウンにとどめられている。なのでフォルクスワーゲンCCを走らせても動力性能に不満を感じるシーンはなかった。わずか1500回転で最大トルクに達し、低速域から十分な力強さを感じさせるからだ。

 トランスミッションも従来のパサートCCの2.0Lには6速ATが組み合わされていたが、今回のフォルクスワーゲンCCでは7速DSGに変更されている。変速フィールの滑らかさでは6速ATも相当に良かったが、7速になったDSGの滑らかさも十分なもの。低速域で感じることのあったギクシャク感もほとんど感じられなくなった。

 足回りの快適性も、上々のレベルにある。タイヤサイズは、1インチアップして18インチになった。コンチネンタルのスポーツコンタクトというややスポーティな志向のタイヤを履いていたが、乗り心地は満足できるものだった。

意外なほどの窮屈感がない室内と乗降性は、VWの真面目さの表れ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング