日産保管庫では意外とメジャー?日産のもう一つのスポーツカー!シルビア(S12)編 【日産ヘリテージコレクション探訪記その4】【特集・コラム:イベント・モーターショー】

CORISM / 2012年11月18日 11時11分

日産シルビアS12

意外や意外!?初代シルビアはエレガントな超高級車!?

 第4回となった日産保管庫探訪記、これまで「スカイラインGT-R」「フェアレディZ」「MID4」とご紹介してきて、そろそろスポーツカーのネタもつきたかな・・・と思いましたが、ところがどっこい!日産にはまだまだスポーツカーがあるんですねー。それが今回ご紹介するシルビアです。

 とは言えこのシルビア、S13~S15型が漫画「頭文字D」や映画「ワイルド・スピード」シリーズ等で活躍し、実際にもけっこう走り屋系の人が多く乗っているのでスポーツカーというイメージに最近ではなっていますが、実はメーカーとしては長らくスタイリッシュな2ドア車(スペシャリティ・クーペ)という位置づけで販売してきた車でした。

 初代シルビアの登場は1965年。「宝石のような」と形容された美しいボディをまとった1600ccの2ドアクーペで、当時の価格は120万円でした。同じ年にモデルチェンジした日産の高級車セドリック(フーガの前身のモデル)の上級グレード、2000ccの「スペシャル6」のお値段は115万円。そのことからも、シルビアが走り屋系と言うよりは高級パーソナルカーという位置づけのエレガントなクルマだったことがわかると思います。

女神の名前からかけ離れた硬派なデザインの4代目!大ヒットの3代目と5代目にはさまれて・・・

 車名の「シルビア」もギリシャ神話の美しい女神の名前から拝借したとか・・・。ただ残念ながらこの初代シルビアはあまり多くは売れず、約3年で販売を終了してしまいました。

 シルビアとして最初に大ヒットしたのは1979年に発売された3代目のS110型です。角目4灯のフロント・フェイス、背が低くロングノーズの伸びやかなボディ・シルエット、R30型スカイラインRSと同じFJ20エンジンを積むトップグレードの存在、こういったものが相まって、当時のクルマ好きの注目を一気に集め、大人気車となったのです。

 そして1983年、4代目となるS12型シルビアが登場。大ヒット車の次のモデルはたいていはあまり大きくイメージチェンジをしないものですが、日産は当時流行のリトラクタブル・ヘッドライトを採用し、2ドア車はラウンドしたリアガラスを使って視覚的にキャビンを小さく見せスポーティさを強調するなど、かなり硬派な印象の車に変えてきました。

 ある意味、女神の名前のイメージからもっとも遠かったのがこのS12型シルビアかもしれません。

「トヨタ86」の対抗馬はやっぱりこれ!?シルビアの早期の復活、期待しています!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング