トヨタ ポルテ/スペイド新車試乗記 クルマとしては平凡だが、子育て層から高齢者まで、非凡な使い勝手が他を圧倒!【レビュー:トヨタ】

CORISM / 2012年9月24日 14時14分

トヨタ ポルテ/スペイド

圧倒的な使い勝手の良さが光るプチバン、トヨタ ポルテ/スペイド

 トヨタのポルテがラウムを統合する形でフルモデルチェンジを受け、新たに姉妹車のスペイドが設定された。ポルテとスペイドの違いはフロントとライト回りが中心。ポルテは可愛らしさを表現し、スペイドはスポーティさを表現したデザインとされている。

 他に、メーターの文字盤の形状が違ったり、スペイドのテールランプには、トランプのスペイドの形状が隠されていたりするが、基本メカニズムは共通だ。ポルテはトヨタ店とトヨペット店で、スペイドはカローラ店とネッツ店を通じて販売される。

 従来のポルテは、左側に大きなスライドドアを持つハイトワゴンだったが、今回のポルテ/スペイドも右側にヒンジ式のスイングドアが2枚、左側にスライドドアが1枚の設定だ。

 ボディはやや高めの全高を持ち、それによって室内には小学校低学年の子供が立てるくらいの広い空間が確保された。また、大きな開口部を持つ左側のスライドドアによって、高齢者にも優しい優れた乗降性をもつクルマに仕上げられている。

 比較的コンパクトなボディの中に広い室内空間を持つだけでなく、多彩なシートアレンジによって使い勝手に優れたクルマに仕上げているのもポイント。助手席のシートの背もたれを倒して前方に押しやれば、自在に使える空間が生まれる。

 さらに、後席の背もたれを倒せば長尺物も積めるような長さのラゲッジスペースが生まれるし、後席の座面をチップアップさせれば背の高い荷物も積める。(後席のシートはグレードや駆動方式によって違いがある)

 コンパクトカーでは、フィットの室内空間の広さと使い勝手が群を抜いているが、ポルテ/スペイドの広さと使い勝手はそれ以上ともいえる。これはポルテ/スペイドの全高が高いことにも由来していて、1690mmに達する全高はタワーパーキングに入らないというデメリットもあるのだが、ポルテ/スペイドの室内空間の広さは大したものだ。

 他にもカップホルダー、買い物フック、ティッシュBOX収納、アンブレラホルダー、小物入れなどなど、豊富な収納スペースが確保されるのは、今どきのコンパクトカーのお約束ともいえるもの。ポルテ/スペイドでは相当に工夫された収納が設けられている。

 この使い勝手の良さは、子育てママから積極的にアウトドアレジャーを楽しむ若いユーザーまで、さまざまなニーズに対応できる。これまで子育てママ用の定番商品のようになっていた軽自動車ダイハツ タントや、若者向けのホンダ フリード・スパイクなどは、その座脅かされそうだ。

標準的な走りの実力だが、背が高いので重い。ストレスを感じないのは、1.5L車。

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング