アウディA6ハイブリッド新車情報 輸入車なのに、レクサスよりも安いバーゲン価格のハイブリッド車【ニュース・トピックス:アウディ】

CORISM / 2012年9月26日 16時16分

アウディA6ハイブリッド

日本車並の価格になったアウディA6ハイブリッドの価格は、なんと690万円!

 アウディは、ミディアムクラスのA6にアウディ初となるハイブリッドシステムを搭載した新型アウディA6ハイブリッドの発売を開始した。

 この新型アウディA6ハイブリッドは、2Lの直噴直4ターボエンジンをベースにハイブリッド化されたもの。ガソリン車のアウディA6には、エントリーモデルでもV6の2.8Lエンジンが搭載されているので、ハイブリッド化と同時にダウンサイジング化も施されている。

 このパワーユニットは、最高出力155kW(211ps)、最大トルク350Nmを発生。そのエンジンと組み合わされるモーターは、40kW(54ps)と210Nm。システム合計では、180kW(245ps)/480Nmを発生する。

 ミッションは、多段化と高効率がウリの8速ティプトロニック。トルクコンバーターの代わりにモーターとクラッチが一体になったハイブリッド・ユニットが前輪を駆動する。

 また、制動時のエネルギーを回生するブレーキ回生システムも採用。バッテリーは1.3kWhの電力を蓄電
し、39kW相当の電力を供給するリチウムイオンバッテリーを搭載する。バッテリーは、ラゲッジコンパートメント下に搭載されており、トランク容量は標準で375Lを確保。ガソリン車のA6が530Lなので、155Lほどトランクは狭くなっている。ゴルフバッグなど多くの荷物を積む人は、注意が必要だ。

 アウディA6ハイブリッドには、EVモードが用意されており、最高速度は100km/hに到するという。また、60km/hであれば、最長3kmのEV走行が可能となっている。

 ハイブリッドの運転状況はインストルメントパネルとMMIモニターに設置された専用ディスプレイに表示され、システムの作動状態を確認することができる。

 気になる燃費は、JC08モードで13.8km/Lと、あえて4気筒エンジンを使った割りには微妙な数値。すでに発売されている同じクラスのBMWアクティブハイブリッド5が、13.6km/Lなので0.2km/L上回っている。しかし、BMWは1Lも排気量が大きい直6の3L+ターボエンジンを使い、パワーは250kW(340ps)と180kW(245ps) のA6ハイブリッドを大きく上回り、トルクはA6ハイブリッドが480Nmとアクティブハイブリッド5の450Nmを若干上回っている。さらに、FFでアドバンテージのあるA6は1850kg。対して、アクティブハイブリッド5は、重さで不利なFRということで1960kgと110kgも重い。その割には、A6ハイブリッドとの燃費差が0.2km/Lというのは、アクティブハイブリッド5も、それなりに優秀だ。逆に捉えるのなら、アウディA6ハイブリッドには、もう少し燃費アップに期待したいところだ。

 さらに、BMWは7シリーズに新しく用意されたアクティブハイブリッド7は、14.2km/Lを達成し、クラスが下のアクティブハイブリッド5やアウディA6を上回ってしまった。このシステムが、より軽量なアクティブハイブリッド5に搭載されたのなら、アウディA6ハイブリッドを上回るのも確実だろう。ちなみに、アクティブハイブリッド7のシステム・トータル出力は、最高出力260kW(354ps)、最大トルク500Nm(51.0kgm)と他を圧倒する。

 また、国産車ハイブリッドでは、レクサスGS450の燃費が3.5L自然吸気エンジンを使ったもので、18.2km/LとアウディA6ハイブリッドやBMWアクティブハイブリッド5を大きく上回る。似たハイブリッドシステムを使う日産フーガでも、3.5L自然吸気エンジンを積んで16.6km/Lと燃費だけをみれば、まだまだ国産ハイブリッド車の燃費は優秀だ。

 ただ、アウディA6ハイブリッドは、BMWアクティブハイブリッド5と比べると、圧倒的に安い。FFということもあるのだが、A6ハイブリッドの価格は690万円で、アクティブハイブリッド5は、なんと850万円である。その差は160万円。さらに、レクサスGS450hの700万円よりも安いのである。

 ただ、走りに関してはアウディA6ハイブリッドは、不安材料がある。A6ハイブリッドのボディサイズは、全長4,930×全幅1,875×全高1,465mmとかなり大型で、車重は1850kgもある。これだけ、重い大型のFF車は数少なく、さらに高級車と呼ばれるクルマはFRが多い。レクサスGS450hやフーガハイブリッドもFRだ。A6の2.8Lクワトロの車重でも、1,790kgとA6ハイブリッドより軽い。一般的に、重く大きなFF車で高級車のフィーリングを出すのは難しいとされている。そんな状況で、アウディA6ハイブリッドは、高級車としてどんな走りの味をアピールするのか、楽しみでもある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング