日産セレナS-ハイブリッド(S-HYBRID)新車試乗記 女子高生が最新日産セレナを助手席試乗&レポートする!【レビュー:日産】

CORISM / 2012年10月20日 20時20分

日産セレナS-ハイブリッド(S-HYBRID)

日産セレナS-ハイブリッド(S-HYBRID)のスマートシンプルハイブリッドって何ですか?

 ミニバン販売台数ナンバー1と言えば日産セレナ!! さらに、クラスナンバー1の低燃費(15.2km/L: JC08モード燃費。2WD)なんですよ。

 今回は、そんな人気車の日産セレナにハイブリッド化された日産のセレナSハイブリッドが出たというので、試乗してきました。ハイブリッドに関しては苦手分野で、まだまだ勉強中です!!そこで、日産セレナS-ハイブリッド(S-HYBRID)のマーケティングを担当されるマーケティング本部マーケティングダイレクターの森田 聡さんに、大胆にも直接質問しました。森田さんは、私のお父さんよりも年上なので、ちょっと緊張しましたが、分かりやすく教えていただきました。

 なぜ、セレナにハイブリッドを搭載したのですか? という良子の質問に対して、森田さんは「燃費が良くて困る人はいませんよね。ただ、本格的なハイブリッドですと、コストもかかり、価格もアップしてしまいます。また、大きな電池を搭載することになり、ミニバンとって大切な室内スペースを一部犠牲にしなくてはなりません。そこで、日産はアイドリングストップ機能の一部で、エンジンを始動するために使うECOモーターというものを大型化して、エンジンのアシストをする動力に使用しました。これが、スマートシンプルハイブリッドです。今までのセレナにサブバッテリーを追加した程度なので、室内のスペースをまったく犠牲にしないハイブリッド技術です。この方法なら、コストアップもわずかで、エコカー減税も免税となり、お客様にもメリットのあるものとなりました」

 なるほど! 室内も狭くならない上に、価格アップも最小限でエコカー減税が免税ということがポイントなんですね!

スマートシンプルハイブリッド技術を支えるECOモーターって何ですか?

 このECOモーターがセレナS-ハイブリッドを支えている技術なんです。従来のエンジンスターター方式は、ギヤ駆動なのに対して、ECOモーターはベルト式で直接クランクに直結したプーリーを回します。そのため、エンジン再始動時のスターターモーター音が静かで"再始動時の速さを兼ね備えています。

 実際に乗ってみても、静かだなぁ~って感じました!! 前に乗ったことのあるアイドリングストップ機能付きのコンパクトカーは、エンジンが再始動するとき「キュルルン、ガオーン」と大きな音と振動がしました。でも、日産セレナS-ハイブリッドは「シュルルーン」って感じでエンジンがかかります。音も振動も気にしていなければ分からないくらいです。

 私は16歳なので、当然免許がないので運転ができません。それで、自動車評論家の松下さんの運転する横で、お話を聞いたところ、
「まぁ、ほとんどモーターがアシストしている感じはわからないね。ECOモーターが大きくなったことで、減速エネルギー回生システムの発電量が大きくなったわけだ。これをサブバッテリーを搭載することなどで、たくさん電気を貯められるようになった。その貯めた電力を、アイドリングストップ時に使って、より長くエンジンを停止するために使っている感じだね」。

 さらに、編集長が言うには「JC08モード燃費のアップはわずかだけど、エンジンが停止している時間が長ければ長いほどガソリンを使わないので、市街地走行の多い人は、メリットがありそうだね」とのことでした。

ビタミンCにプラズマクラスターイオンまで出ちゃいます! 後席は快眠シートで熟睡できます!!

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング