スズキ スイフトRS新車情報 非常に高いコスパをもつコンパクトカーだが・・・【ニュース・トピックス:スズキ】

CORISM / 2012年11月15日 8時8分

スズキ スイフトRS

また、オプションでも選べない安全装備の横滑り防止装置(ESP)! そろそろ義務化されるのだから、お願いしますよ!!

 スズキは、人気のコンパクトカー、スイフトシリーズの特別仕様車「スイフトRS」を一部仕様変更して、発売を開始した。

 スズキ スイフトRSは、欧州仕様のチューニングを施した足廻りと、エアロスタイルの採用で好評を得ているモデル。スイフト スポーツは確かに良いが、そこまでハードさを求めていない顧客や、価格もスイフト スポーツと比べると30万円弱も安いことから、人気モデルとして成長した。

 そのため、今回のスイフトRSでは、さらなる装備の充実を図り、スイフトの売れ筋グレードへと育てるための手法が施されている。今回の一部仕様変更では、高速走行時や長距離ドライブをサポートするクルーズコントロールシステム、手もとでシフト操作ができるパドルシフト(CVT車)、リヤディスクブレーキ(2WD車)を新採用。さらに、ディスチャージヘッドランプ(メーカーオプション設定)、リヤコンビネーションランプ、シート表皮のデザインを変更し、スポーティーな雰囲気を高めている。

 価格は約2万円アップとなる1,391,250円となった。この装備がプラスされて、約2万円アップ程度で抑えられているので、お買い得感はさらにアップ。価格、装備、走りのパフォーマンスと、非常に高いバランスの取れた仕上がりをみせる。

 しかし、ほめてばかりではいられない理由がある。スズキはどうして、こんなにも横滑り防止装置(ESP)の標準装備化が嫌いなのか? と思うほどで、今回の改良でもメーカーオプションでさえ用意されていない。横滑り防止装置は、2012年10月以降に新型車として発売される車種、およびフルモデルチェンジされる車種に、法律で義務づけられている。既存車種でも、2014年10月以降には装備に追加する必要があるのだ。スイフトの場合、2014年には装着義務が発生するのだから、今のうちに仕様変更があるものは早急に装備するのが、顧客からみれば当たり前のことだ。より安全なクルマを販売する自動車メーカーとしての責任がある。

 法律ギリギリまで安全装備の標準化を遅らせているメーカーは、スズキに限ったことではない。どのメーカーも販売価格をより安く見せるために、横滑り防止装置の装備を先延ばしにする傾向だ。これは、価格で他メーカーのものに負けないための戦略。つまり、そこにあるのは、メーカーの都合だけ。

 色々な話を総合すると、エンジニア側は標準装備化を望むが「営業サイド」がNGを出すのだという。理由は「高くしたら売れない」とのことだ。横滑り防止装置が装備されると「売れない」と言い切る営業サイドの理屈がスゴイのは「顧客は価格指向」の一本槍。営業サイドの方々は、大きな勘違いをしていて、安くたってダメなクルマを買わない(当たり前)。欲しいのは、安くて良いクルマだということだ。顧客に理解を求めない「価格勝負のみ」という戦略は、昭和の頃からなんら変化のないチラシに表れる。新型スイフトRS139万円から! と赤文字が踊る。なぜ、横滑り防止装置(ESP)が必要なのかを説明し、理解して買ってもらうのが営業の仕事。クルマの技術がいくら進歩しても、クルマの売り方は未だ価格勝負の一本槍でいいのだろうか?

 同様な理由で起きている現象は、他社にも見受けられる。以前トヨタは社長が「トヨタ車全車にサイドエアバッグを標準装備化します」と、素晴らしいことを言ったのに、多くの社内の反対にあい今では「なにも無かったこと」になっている。

 この状況さえ無ければ、スイフトRSは「安くて安全、良いクルマでオススメ」と言える。しかし、今の現状では、残念だがそう言い難い。ちなみに、スイフト スポーツには、ESPが標準装備化されている。スイフトRSよりは少々高価ではあるが、とても良いクルマだ。

スズキ スイフトRS装備、価格、燃費、スペックなど

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング