日産ノート新車試乗評価 徹底的に燃費にこだわったエコスーパーチャージャー【レビュー:日産】

CORISM / 2012年11月17日 10時10分

日産ノート

国内日産の柱として育てたいコンパクトカーが新型ノートだ!

 フルモデルチェンジを受けた新型日産ノートは、日産が世界で販売するコンパクトカーで、国内ではティーダを統合するとともに、好調な売れ行きを続けるフィットに対抗するモデルとして開発が進められた。日産としては、セレナと並ぶもうひとつの量販車種にしたい考えだ。

 デザインは、ボディサイドに明快なプレスラインを持つなど、近くで見るとほかのコンパクトカーとの違いがはっきり分かる。ただ、遠くを走るノートを見るとフィットと似たような感じで、もうひとつ個性に欠ける印象である。

 インテリアはコンパクトカーらしいシンプルなもの。上級グレードにはピアノ調のパネルを採用するなどして質感を高めていると評価だ。

 室内空間は、けっこう広い。マーチと同じプラットホームを採用するものの、ホイールベースを延長して従来のノート並みにしたことが広さにつながっている。かつてのティーダが相当に広い室内空間を持っていて、そのユーザーを吸収することも前提に開発されたので、後席の空間は旧型ティーダ並みの広さが確保される。

 ラゲッジスペースもまずまずの広さがあり、床面の高さを調整して搭載する荷物の量などに対応できる仕組み。床面の高さを調節できるボードは便利で、後席を畳んだ状態でフルフラットにできたり、段差を使い荷物をある程度固定するなどができるので、とても使いやすい。ただ、旧型ノートに設定されていたトノカバーが廃止された。このあたりは微妙に使い勝手に影響を与える部分だ。

通常はミラーサイクルの1.2Lエンジンで低燃費。力が必要な時に過給するエコスーパーチャージャー

 試乗したのは、最上級グレードのメダリスト。別の機会にX DIG-Sにも試乗している。どちらも基本メカニズムは共通で、燃費はノートで最高の25.2km/Lではなく24.0km/Lの仕様。25.2km/Lを達成しているのは全く売る気のないS DIG-Sと呼ぶグレードで、いわゆるオトリグレード。ノートの燃費は24.0km/Lと考えたら良い。デミオのSKYACTIVには届いていない。まぁ、それでもフィットやヴィッツに比べれば、エコカー補助金100%減税となっているので、顧客へのメリットはある。

 ノートに搭載されるのは、直列3気筒の1.2Lエンジンで、基本はマーチに搭載されたのと同じ。ただ、自然吸気エンジンのほかにスーパーチャージャー仕様のエンジンも搭載されていて、自然吸気仕様よりもスーパーチャージャー仕様のほうが燃費が良い評価をしたい。

 基本的には、ヨーロッパ車に多数の例があるような排気量のダウンサイジングに過給器を組み合わせたエンジンである。日産ノートのHR12DDRエンジンが違うのは、ミラーサイクルエンジンを採用していること。

 分かりにくいのは、自然吸気エンジンの設定がありながら、自然吸気エンジンよりもスーパーチャージャー仕様のほうが燃費が良く、でもJC08モードを測定するときにスーパーチャージャーは働いていないこと。

 だったら何で燃費が良くなるかといえば、スーパーチャージャー仕様エンジンはミラーサイクルと呼ぶ圧縮比と膨張比の異なるエンジンを採用しているためで、これによって効率を上げている。単純にミラーサイクルを採用するだけだと熱効率は良くなるがトルクが落ちるため、トルク不足を補うためにスーパーチャージャーを装着したわけだ。そのため、日産はエコスーパーチャージャーと呼ぶ。

低燃費性能には高評価。乗り心地などは、平均的なコンパクトカーレベル

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング