フォルクスワーゲン ティグアン新車情報 1.4Lにダウンサイジング&FF化! 装備、価格も充実した戦略モデルティグアンTSIブルーモーションテクノロジー【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2012年11月24日 10時10分

フォルクスワーゲン ティグアン

リーズナブルで軽快感あふれるFFモデルが登場! ただの安価グレードではなく、装備類も超充実!!

 フォルクスワーゲンは、コンパクトSUV「ティグアン」に、前輪駆動仕様の「ティグアンTSIブルーモーションテクノロジー」を新たに導入し、発売を開始した。

 今までのティグアンは、2L&4WD、7速DSGの組み合わせ。コンパクトなボディながら、本格的な4WD機能を持つSUVとして人気を得ていた。今回登場したティグアンTSIブルーモーションテクノロジーは、FF化され、排気量をさらにダウンサイジング化した1.4Lに、ミッションも6速DSGへと変更されている。

 クルマ好きにとっては、SUVなのにFFなんて、なんの意味があるのかと思うだろう。しかし、現在のマーケットは、SUVに求めている要素は、タフな印象のスタイルと背の高いクルマがもつ視界の良さなどで、オフロードの性能は求められていないのだ。FF化することで軽量になり燃費も向上、価格も安くなり、多くの顧客が、それを望んでいる。

 VWティグアンTSIブルーモーションテクノロジーも、そんなマーケットの要望に合わせたモデルといえる。とくに、輸入車は超円高であっても価格が高いまま。フォルクスワーゲンは、そんな中でも日本車に近い価格付けをし、国産車ユーザーを取り込もうとしている。

 VWティグアンTSIブルーモーションテクノロジーの価格は、339万円。4WDのティグアンが426万円。価格差は、87万円もある。価格の見せ方も重要で、まずは顧客に手の届く価格であることをアピールしなくてはならない。最近ではメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズなどは、ほとんど輸入されていない価格訴求のオトリモデルを用意して、顧客の来店動機にしようしている。

 ただ、ティグアンTSIブルーモーションテクノロジーは、そんな価格訴求のオトリモデルではない。パワートレインは、既存の1.4LのTSIエンジンに6速DSGトランスミッションを組み合わせ、信号待ちなどでの停車時にアイドリングを停止するStart/Stopシステムや減速時に走行エネルギーを電力に変換するブレーキエネルギー回生システムを標準搭載している。さらに、今年のパサートシリーズから採用した、走行中にアクセルペダルから足を離した際、トランスミッションとエンジンを切り離すことで慣性走行を行い、無駄な燃料消費を抑制するコースティング走行モードも標準装備しており、装備をケチっていることはないのだ。

 また、純正ナビゲーションシステム712SDCWと駐車時に活躍するリヤビューカメラRear Assistを標準装備としている。この最新式ナビによりドライバーは、ITSスポット対応のDSRCや2年間無償の地図更新、オンライン交通情報探索など、最新の情報によるルート案内が利用出来る。このように、エントリーモデルだから装備を簡素化するのではなく、より豪華になっているのがポイントだ。

 ポイントは、ティグアンTSIブルーモーションテクノロジーがFFだから、装備を簡素化したグレードではないということ。多くの国産メーカーは、そこを誤解していて、SUVのFFエントリーモデルには装備を簡素化したグレードを用意して、ただの価格訴求モデルとしてしか使えていない。

 さらに、よりスポーティな顧客向けに、専用のエアロパーツや18インチアルミホイール、スポーツサスペンションなどを装備したティグアン TSI ブルーモーション テクノロジー R-Lineパッケージも用意されている。

 価格はティグアンTSIブルーモーションテクノロジーが339万円。R-Lineパッケージ車が379万円となっている。まだまだ、諸手を上げて安いとはいえないが、国産SUVの上級モデルを検討している顧客にとっては、選択肢のひとつとしてメニューリスト入りするくらいの価格にはなってきた。このティグアンTSIブルーモーションテクノロジーの問題点を強いて言うのなら、車名が長いくらいだ。
 

フォルクスワーゲン ティグアン価格 燃費 スペックなど

<VWティグアンTSIブルーモーションテクノロジースペック、燃費、価格など>
・全長x全幅x全高 4,430 x 1,810 x 1,710mm (R-Lineパッケージの全幅は1,865mm)
・エンジン 1,389cc、直列4気筒DOHC(4バルブ)インタークーラー付ターボ+スーパーチャージャー
 110kW(150PS)/ 5,800rpm  240Nm(24.5kgm)/ 1,500 - 4,000rpm
・燃費(JC08 モード) 14.6km/L
・車両重量 1,540kg
・タイヤ/ホイール 235/55R 17 / 7J X 17
・主な装備
 ESP、ABS、8 エアバッグ(フロント/サイド/カーテン)、エマージェンシーストップシグナル
 ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection”、オートホールド機能(ヒルホルダー機能付き)
 パークディスタンスコントロール(リヤ)、タイヤ空気圧警告灯、クルーズコントロール
 2ゾーンフルオートエアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付き)
・その他の装備
 フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム 712SDCW(ITS スポット対応+ETC機能付き)
 リヤビューカメラ“Rear Assist” Start/Stop システム ブレーキエネルギー回生システム
・価格
 VWティグアンTSIブルーモーションテクノロジー 3,390,000円 R-Line Package 3,790,000円

【関連記事】

フォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアンフォルクスワーゲン ティグアン

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング