レクサスLFA新車情報 スーパーカー、レクサスLFA 500台の限定生産完了!【ニュース・トピックス:レクサス】

CORISM / 2012年12月17日 17時17分

レクサスLFA

日産GT-Rより0-100km/h加速は遅いが、カーボン技術を駆使した250kgも軽量なボディをもつ超希少車

 トヨタは、レクサスの2シータースポーツであるレクサスLFAの予定生産台数500台の生産を完了したことを発表した。

 レクサスLFAは、2010年12月に第1号車を生産開始。生産拠点「LFA工房」では、1日に1台のペースでLFAを生産。2012年1月からは、標準仕様のLFAに加え、よりサーキット走行を意識した仕様の「LFA Nürburgring Package」の生産も開始している。

 LFA生産最後の500台目となる車両は、12月14日にLFA工房で生産したのち、品質検査、走行テストを経て、顧客のもとに届けられる。

 レクサスLFAの生産は、全世界で500台。日本には、わずか165台程度の販売だという。そのため、レクサスLFAを街で見ることは、ほとんど皆無に近い超希少車だ。さらに、価格は37,500,000円以上となっていることからも、日本車で最も高価で希少なスーパーカーだ。

 搭載されるエンジンは、1LR-GUE型 4.8L V型10気筒DOHC。最高出力は560馬力というパワーをもち、0-100km/h加速は3.7秒以下で、最高速は325km/hに達する。

 0-100km/h加速を比較すると、日産GT-Rの2.7秒という数値には負けるものの、車両の軽量化という視点ではGT-Rの1730kgに対して1480kgと250kgも軽量。トヨタのマークXよりも軽量だ。

 この軽量化には、炭素繊維強化樹脂(CFRP)技術によるものが大きい。軽量化は、スポーツカーだけの素材としてではない。軽量化と高強度の両立ができる炭素繊維強化樹脂(CFRP)は、今後の低燃費化技術のひとつとして、注目されている。

 レクサスは、LFAの開発・生産を通じて得られた技術、特に炭素繊維強化樹脂(CFRP)部品の生産ノウハウとともに、人の五感に響く官能性能を重視したエモーショナルなクルマづくりの精神を、今後のLEXUS車両に幅広く継承していく予定だ。

レクサスLFAスペック

【レクサスLFA(欧州仕様)デビュー時主要スペック】
・全長×全幅×全高(mm) 4,505×1,895×1,220
・ホイールベース(mm) 2,605
・トレッドFr/Rr(mm) 1,580/1,570
・車両重量(kg) 1,480
・乗車定員(人) 2
・エンジン型式/総排気量(cc)1LR-GUE/4,805
・種類 V型10気筒DOHC
・最高出力(kW[PS]/rpm) 412[560]/8,700
・最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 480[48.9]/6,800
・変速機 6速ASG
・駆動方式 FR
・サスペンション Fr/Rr ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
・ブレーキ Fr/Rr ディスク(CCM)/ディスク(CCM)
・タイヤ Fr/Rr 265/35ZR20(95Y)/305/30ZR20(99Y)
・最高速度(km/h) 325
・0-100km/h加速(sec.) 3.7

【関連記事】

レクサスLFAレクサスLFAレクサスLFAレクサスLFAレクサスLFAレクサスLFAレクサスLFA

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング