ジャイ子(前田敦子)が、ジャイアン(小川直也)から、新型クラウンのキーをプレゼントされる!? 渋谷ヒカリエに巨大ピンクボックスが登場! その中には、ジャイ子専用新型クラウンが?【特集・コラム:イベント・モーターショー】

CORISM / 2012年12月21日 11時35分

トヨタ クラウン 前田敦子 小川直也

クリスマスデビューの新型クラウンを祝うプレイベントに、前田敦子が登場!

 トヨタは12月25日に発表される新型クラウン/クラウン ハイブリッドの発表に、東京・渋谷の渋谷ヒカリエ1Fに、巨大ピンクボックスを設置。そのお披露目イベントを開催した。

 このイベントには、誰もが親しみを覚えるマンガ「ドラえもん」をモチーフにしたトヨタのCMがベースとなっている。実写版となったドラえもんのジャイ子役を演じる前田敦子と、ジャイ子の兄であるジャイアン役の小川直也が登場。ジャイアンがジャイ子にクルマのキーをクリスマスプレゼントするというものだ。なぜ、のび太ではないのかは不明。

 クルマのキーのプレゼントなので、巨大ピンクボックスの中身は当然新型クラウンということが予想できる。キーを受け取った前田敦子は「カワイイという特別なカラーのクラウンということでドキドキしています!」とコメント。クラウンといえば、おやじクルマの代名詞だけに、それを前田敦子的カラーというと、とんな色になるか期待と不安が交錯する。まさか、ピンクのクラウンか? 前田敦子専用新型クラウンとは? まさかシャア専用のように、ツノが生えているなんてことも? 

なぜ、おやじセダン=クラウンで前田敦子なのか? その理由は、クルマの家電化にあった?

 前田敦子は、すでにテレビの企画で免許を取る過程をレポート。クルマ(トヨタ)との関係は密接だ。とくに、AKB48を辞めたとはいえ、若年層には絶大な人気を誇るタレント。トヨタの狙いはそこにあるようで、クラウン=おやじのクルマ。その、もはや方程式化したイメージを前田敦子を介して少しでもイメチェンしたいのだろう。

 クラウンだけではないが、セダン車に乗る顧客層は高齢化をさらに加速している。10年以上の長い目で見れば、もはや死滅する恐れもある。トヨタとしては、看板車種だけに、より若い世代をクラウンに取り込みたい考えなのだろう。

 最近の比較的若い世代のセダン層は、トヨタではなく輸入車を選ぶ傾向も強い。新型クラウン ハイブリッドの価格も400万円台前半から、という価格で登場し、従来より大幅な価格ダウンを行うという。その価格帯は、輸入車もターゲットになっていて、ハイブリッドの低燃費&エコノミーを武器に、セダン顧客を引き戻そうとしてると考えられる。

 マークXのCMでも分かる通り、部長 佐藤浩市で押していたものの、後半は10代の刈谷友衣子まで登場させている。娘と父という関係で、若い世代にアピールしつつ、娘とドライブして恋の話ができる良好な関係を父親層に憧れと共感をもたせている。

 もはや、クルマは個性のある商品ではなく、家電のように均質化している。トヨタ マーケティングの考え方は、差別化するにはタレントを使ったイメージしかないという判断なのだろう。豊田章男社長の言う「もっといいクルマをつくろう」とは、まったく逆をいくクルマ本質不在のプロモーションでもある。トヨタは、これからどうやって食べていくのか? 国内需要は下がりまくりの現状では、最も目先を見た手法ともいえる。

 数社の自動車メーカーの宣伝担当者が、揃って似たような話をしていたことを思い出した。「あのCM展開は、我々にはできません。予算を含め、業界のトップ トヨタだからできると思います。すごいです」まさに、業界のジャイアン、トヨタのイメージ戦略はクルマの価値観さえも変えるかもしれない。

新型トヨタ クラウン ハイブリッド新車情報/購入ガイド 若年層奪取が至上命令! 低価格ハイブリッド車戦略で、マーケット独占を狙う!?

【関連記事】

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング