ホンダN BOXモデューロX新車情報/購入ガイド ホンダ初のコンプリートカーブランド誕生!【ニュース・トピックス:ホンダ】

CORISM / 2013年1月4日 8時8分

ホンダN BOXモデューロX フロントスタイル

ホンダの軽自動車戦略のひとつ? 多彩なバリエーションで顧客のニーズを徹底的にピックアップ!

 ホンダは、新車用品の開発・販売を行なっていたブランド「Modulo(モデューロ)」の名を冠したコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」の発売を開始した。このモデューロXは、専用のカスタマイズパーツを生産ラインでベース車に装着し、販売するコンプリートカーだ。この第一弾モデルとして、「N BOX カスタム」をベースとした「N BOX Modulo X」を、2013年1月18日(金)に発売する。

 こういったカスタマイズブランドは、日産がライダー、トヨタがG'sなどで独自のコンセプトのもと展開中。メーカー側のメリットは、より細かく顧客のニーズをすくい上げることができ、販売台数に貢献できるとこや、収益率が高いことがあげられる。

 顧客のメリットは、ライトなカスタマイズ系ユーザーなら、メーカー保証が受けられたり、新車時からカスタマイズできることで、用品のローンを別に組む必要がなく、新車ローン1本で審査が通るメリットもある。

 価格はカスタムのGがベースで、178万円。ベース車が145万円なので、33万円のアップとなっている。新たに装備される内容を見れば、それなりだが、特別安いというイメージもない。ライン装着ならば、もう少し、お得感のある価格帯での販売を期待したいところだ。

 ブランド名のModulo Xとは、Modulo=ポルトガル語のスタイルの意と、X=未知数のX、exclusive(高級な)のXとの造語。

ホンダN BOX Modulo Xの主な特長

・フロントグリル、エアロバンパー、ガーニッシュなどのModulo X専用エクステリア。このデザイン形状は、走行テストや風洞テストを繰り返して検証することで、高速道路での走行安定性の向上を目指した。

 N BOXのように、非常に背の高いクルマは走行安定性に関しては不利な要因となる。ノーマルではできないエアロダイナミクスを手に入れることで、より安定した走りを手に入れることができる。

・新開発のModulo X専用ローダウンサスペンションにより、車高を15mmダウン。スポーティーな操作性としなやかな乗り心地の両立。

 ローダウンすると、タイヤハウスの隙間も少なくなり、スタイリッシュなフォルムへ変身。また、重心が下がることにより、高い重心高のN BOXだが安定感が増すことに貢献。一般的に、ローダウンすると乗り心地が悪化傾向にあるが、そのあたりはモデューロのチューニングの見せ所。

・Modulo X専用のインパネ、本革巻のステアリングホイールやセレクトレバーにより、さらに上質なインテリア空間を演出。Modulo X専用の15インチアルミホイールやレッド塗装のブレーキディスクローターを装着することにより、足元のドレスアップを図った。

 見た目がノーマルと変化しているというのは、カスタマイズファンには重要な要素。ブレーキローターのロッド塗装など、ツボを押さえたドレスアップだ。これをベースに、アフタパーツで自分らしさをさらに追求するのもありだろう。

ホンダN BOX Modulo X価格

・G 1,780,000円円
・G・ターボパッケージ 1,880,000円

【関連記事】

ホンダN BOXモデューロX エアロバンパーホンダN BOXモデューロX 専用エンブレムホンダN BOXモデューロX リヤアンバーホンダN BOXモデューロX 15インチアルミホイールホンダN BOXモデューロX シートホンダN BOXモデューロX ステアリングホンダN BOXモデューロX シフトノブホンダN BOXモデューロX ローダウンサスペンション

この記事をCORISMで読む→

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング