マツダ アテンザ新車情報/購入ガイド 刺激的なクリーンディーゼルでカスタマイズ界を席巻する! 東京オートサロン出展車【ニュース・トピックス:マツダ】

CORISM / 2013年1月6日 10時10分

マツダ アテンザ

クリーンディーゼルSKYACTIV-Dチューニングを推奨? ディーゼルエンジン搭載車のみの展示

 マツダは、2013年1月11日~13日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2013」に、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)」を搭載した「アテンザ」、「CX-5」のカスタムカー5台を参考出品する。

 マツダ アテンザは、新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したフラッグシップモデル。全幅1,840mmという、トヨタのクラウンより大きなワイドなボディをもち、セダンとワゴンのボディスタイルをもつ。

 発売1ヶ月の販売も好調で、話題のクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車が受注台数の76%を占めているほどの人気だ。オートサロンでの出展も、そのクリーンディーゼルエンジン人気をさらに高めるためなのか、カスタマイズされているのはCX-5と同じく、すべてクリーンディーゼル車となっている。

 国内ではチューニングの成果(パワーアップ)が分かりやすい過給器エンジンが減っていることもあり、過給器付きのクリーンディーゼルエンジンチューニングにも注目を集めたい狙いもあるのだろう。

 また、ショーカー「マツダ ルマン LMP2 SKYACTIV-D Racing」を展示。このレーシングカーは、プライベートチームが「SKYACTIV-D」のレース仕様エンジンの供給を受け、ルマンに出場することを想定したものだ。

<マツダ アテンザの詳細情報はコチラ>
新型マツダ アテンザ新車情報/バイヤーズガイド 1ヶ月で目標の7倍の7,000台超! 売れ筋低燃費車アテンザを分析する! 

マツダ アテンザ レーサー2013

 アテンザ レーサー2013は、セダンXDの6MT車をベースにM'z CUSTOM(エムズ カスタム)エアロパーツに、ブレンボ製ブレーキキャリパー等を装備したサーキットトライアル仕様だ。サーキットを走行する走り志向のユーザーの要求に応えたスペックアップとデザイン、快適性を両立させながら実現した。

 ブラックに塗装されたドアミラーや、エアロパーツ類はブラックに塗装され、全体的に引き締まったボディラインをアピール。インテリアは、アルミ製らしいシフトノブやペダルが装着されているのが特徴だ。

マツダ アテンザGTサウンドスペシャル2013

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング