フォード フォーカス新車情報・購入ガイド 一度撤退した欧州フォード車、フォーカス再導入の理由とは?【ニュース・トピックス:フォード】

CORISM / 2013年2月11日 7時7分

フォード フォーカス

活気にあふれる輸入コンパクトカーマーケットがターゲット?

 フォードは、120ヵ国以上で販売されるグローバルコンパクトカー「フォード フォーカス」を4月13日より発売を開始する。

 フォード フォーカスは、このモデルで3代目。2000年に初代フォーカスが日本に上陸。欧州フォード製ということもあり、アメリカフォード製とはまったく違ったテイストでデザイン&設計が施されていた。そのため、走りのクオリティを含め、日本での評価も高く人気モデルとなった。

 しかし、2代目フォーカスは、なんと1,840mmという、当時のコンパクトカーとしては異例なほどワイドな全幅をもったモデルにフルモデルチェンジした。輸入車の多くは、都市部で売れる傾向にある。そのため、1,840mmという全幅では、マンションなどの立体駐車場に収まらないなどの問題もあり販売は低迷。走りのパフォーマンスや安全装備などのレベルは高かったのに、とても残念な結果となった。

 さらに、欧州フォード車とアメリカフォード車という同じメーカーでありながら、まったくテイストの違うクルマがディーラーに並ぶ違和感もあった。欧州フォード車はフォーカスだけでなくモンデオ、フィエスタなどもあり好調だったときもあったものの、販売の低迷は続き、ついに欧州フォード車の販売は2008年頃にほぼ撤退となり、現在はSUVのクーガのみとなている。

 そんな過去の苦い経験をどう生かすのかは不明だが、フォードは3代目フォーカスを再び日本に導入する。その背景には、直近の日本マーケットでは多くの輸入車の販売が好調で、とくにコンパクトカーが牽引していることが理由だと考えられる。とくに、2013年はフォーカスが属するCセグメントのマーケットが新型車ラッシュとなり、マーケットが活性化することが予想できるからだ。すでに、メルセデス・ベンツがAクラスを発表。ボルボがV40、夏前にはフォルクスワーゲン ゴルフ7が発表と、多くのCセグメント車が投入される。まさに、欧州フォード復活に最適な状況というわけだ。

新車情報・新車試乗評価CORISM

強気の価格設定に、全幅は1,810mmでどう戦うのかに注目!

 そんな新型フォード フォーカスは、デザイン・コンセプトであるキネティック(動的な)・デザインを採用。躍動感あふれるエクステリアデザインに、170psというパワーを発揮しながら燃費性能にも優れた2.0L直噴Ti-VCTエンジンと6速ATとなるボルボと共通のパワーシフト(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を搭載。

 欧州フォード車の魅力的部分であるハンドリングは、コーナリング時の操縦性、回頭性を高めるトルク・ベクタリング・コントロールを搭載。ドライビングダイナミクスをさらに進化させているというから、期待値は大きい。

 インテリアデザインは、最近のアメリカフォード車と似た、ちょっと近未来感のある先鋭的なデザインにまとめられていて、ブラックとシルバーを組み合わせハイコントラストで高級感を醸し出している。

 安全性においても、前方衝突の回避をサポートする先進技術の「アクティブ・シティ・ストップ」や、フォード独自の車両安定化システム アドバンストラックを装備している。

 フォーカスの燃費性能は明らかになっていないが、環境性能向上の一環として、エコモードを搭載。グリーンの葉のグラフィックで表示される。

 今回、日本に導入されるのは5ドアハッチバックのSport(スポーツ)のみ。エクステリアには、専用ボディキットとリアスポイラー、17インチホイールで精悍なスポーティさを演出。インテリアには、ハーフレザーシートや左右独立温度調節付きオートエアコン、9スピーカー・プレミアムサウンドシステムなどのプレミアム装備を標準装備させた。

 価格は293万円。メルセデス・ベンツAクラスが284万円から。これだけみると、Aクラスより高い価格設定というのは、フォードの自信のなのか。ただ、フォルクスワーゲン ゴルフ7は、250万円前後という国産車並みの驚きのプライスという噂もあり、この価格で勝負できるかのに注目される。

 さらに、全幅は前モデルよりコンパクトになったとはいえ、1,810mmと微妙に1,800mmをオーバー。台数が少ないとはいえ、BMW3シリーズは、日本専用にボディを1,800mm抑えて導入するなどしている。わずか10mmどうにかならなかったのか? 都市部では、これだけで買える顧客を選んでしまい、現実的に欲しくても買えないという人が出てくるのは確実だ。

新型フォード フォーカスの主な特徴

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング