日産ラフェスタ ハイウェイスター新車情報・購入ガイド ライバルはホンダ フリード? 大幅に進化した燃費性能 【ニュース・トピックス:日産】

CORISM / 2013年2月21日 7時7分

 日産ラフェスタ ハイウェイスター

新エンジン&6速ATで、クラスナンバー燃費16.2km/Lを達成

 日産は、ラフェスタハイウェイスターをマイナーチェンジし、3月1日より発売を開始する。

 日産ラフェスタハイウェイスターは、ベースをマツダ プレマシーとしOEM供給を受けているモデル。OEMとはいえ、バンパー類からドアパネルなどは日産オリジナルとなっているので、意外なほど違った印象に見える。

 日産ラフェスタハイウェイスターのマイナーチェンジは、ベース車プレマシーの大幅なマイナーチェンジを受けての変更だ。高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と高効率6速AT「SKYACTIV-DRIVE」の2つの「SKYACTIV技術」が2WD車の主力機種に搭載された。パワーとトルクは、従来の150ps&186Nmが151ps&190Nmと若干アップ。これは、アテンザなどの高圧縮比13.0のエンジンではなく、アクセラなどに積まれる圧縮比12.0のPE-VPS型が搭載されているからだ。それでも14.0km/Lだった燃費は、なんと16.2km/Lまで向上している。ウィッシュが14.4km/Lなので、16.2km/Lという燃費はライバルをも圧倒。ミニバンクラストップとなる実力だ。ATは5速からロックアップ領域の広い6速になり、ダイレクト感ある走りと低燃費に貢献している。細かい所では、運転席シートバックポケットを追加するとともに、リヤのラゲッジアンダートレイの収納容量を拡大するなど、利便性を向上させている。
 
 この低燃費化により、ラフェスタハイウェイスターのエコカー減税は、50%もしくは75%となっている。このクラスは、車両重量が軽いため日産セレナSハイブリッドのように100%減税(免税)にはなっていない。
 
 このラフェスタハイウェイスターは、日産のモデルラインアップの隙間を埋める重要な車種となっている。マーケットとしては縮小傾向なのだが、コンパクトカーでは小さいが、セレナでは大き過ぎるという旧ラフェスタ顧客のニーズを拾う役割を持つ。日産も国内用で、台数も少ないこのクラスを自社で開発するにはリスクが高いと判断した結果OEMで導入している。

 小さなボディで両側スライドドアをもち、7人が乗車できるといいうメリットがあるものの、最近ではこういった顧客の多くが、価格も安いホンダのフリードに移行しているのが現状。ホンダ フリードのGジャストセレクションが1.5Lなのに燃費は16.0km/L。日産ラフェスタハイウェイスターは、2Lの排気量でホンダの1.5Lの燃費を越える16.2km/Lという低燃費性能を誇る。車両の価格差を、燃費性能と排気量で勝る走りの余裕でどう補っていくかが、今後の売れ行きを左右すると思われる。

日産ラフェスタハイウェイスター価格、変更点など

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング