新型日産デイズ(DAYZ)、デイズ(DAYZ) ハイウェイスター 新車情報・購入ガイド クラスナンバー1燃費を狙う日産&三菱連合、初の軽自動車登場!【ニュース・トピックス:日産】

CORISM / 2013年3月15日 18時22分

新型日産デイズ(DAYZ)

軽自動車にも、ミニバンの売れ筋グレード「ハイウイスター」を投入した新型日産デイズ(DAYZ)!

 日産は、2013年に6月に発売される予定の新型軽自動車「日産デイズ(DAYZ)」、「日産デイズ(DAYZ)ハイウェイスター」を公開した。

 この日産デイズは、三菱との軽自動車事業に関わる合弁会社、NMKVから生まれた第1弾モデル。日産が主に商品企画やマーケティングを行い、三菱が開発と生産を担っているといわれている。このNMKVでは、商品企画・開発・デザイン・購買等、それぞれの分野における両社の強みを融合。優れた燃費性能や広く快適な室内空間など、高い商品競争力を備えてるという。

 また、商品の企画段階から協業を推し進めることで、これまでのOEMでは成し得なかった両社でまったく異なるデザインテイストを織り込み、日産と三菱とでそれぞれが違うブランドアイデンティティを体現する革新的なデザインを実現してるのが特徴だ。

 日産は、デイズ(DAYZ)、デイズ(DAYZ)ハイウェイスターという新しい名前で登場したのに対して、三菱は「eK(いい軽)」シリーズを踏襲。「eKワゴン」、「eKカスタム」としている。

 新型日産デイズは『毎日(DAYS)を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく』という価値を‘S’を反転した‘Z’という表記にその想いを込めて、「DAYZ(デイズ)」と名付けた。

 日産デイズは、ボディカラーやグリルまわりのデザインが、今年フルモデルチェンジした日産ノートのテイストを受け継いだシャープなルックするが特徴。一般的に、標準モデルは女性を意識して可愛らしい系でまとめるのが王道となっていたが日産デイズは、思い切りスポーティテイスト全開だ。

 そして、各車のカスタムに相当するデイズ ハイウイスターは、エルグランド、セレナ、ラフェスタとミニバンの個性派スポーティグレードに使われたハイウイスターという名を使用。各車に与えられた強烈な存在感をアピールするスタイリッシュなフォルムを軽自動車ワゴンにも注入。その結果、躍動感溢れる独特の存在感を手に入れた。また、両車ともデザインと上質な室内空間、さらに優れた低燃費性能を実現したという。

 このクラスのライバルは、ダイハツ ムーヴ、スズキ ワゴンR、ホンダ N-ONEなどが上げられる。現在、クラス最高燃費ホルダーは、ムーヴの29.0km/L。もはや、コレ以上燃費改善ができるのか? と、思われているのだが、最後に送り込まれるデイズの燃費には期待がかかる。関係者によると「最後に出すのに、ライバルに数字で負けるわけにいかない」とクラスナンバー1燃費奪取宣言も出いている状態。0.2km/L刻みで、29.2km/Lなのか、それ以上なのか、どちらにしても、また軽自動車の燃費が向上するのは間違いないところだろう。

 デイズの登場で気になるのは、スズキとの関係だ。現在、日産はスズキからパレットをOEMを受けてルークスとして販売。MRワゴンをモコとして販売している。OEM先、スズキの看板車であるワゴンRとライバルになるデイズをマーケットに送り込む以上、これらの車種もOEM関係が終了するかもしれない。

 さらに日産は、このデイズの後、スズキ スペーシア、ホンダN BOXと同じスーパーハイト系軽自動車を2014年初頭に投入するという。スーパーハイト系の軽自動車は、子育て層に絶大な人気を誇り人気のカテゴリーだけに、今後の動向にも注目したい。また、日産DAYZ(デイズ)の価格にも注目したい。元々リーズナブルな価格を得意とする三菱の生産、そしてマーケティングに長ける日産なので、当然ライバルを徹底研究。買い得感のあるダイハツ ムーヴよりも安価な設定もあるのか期待したい。

日産デイズ ルークス(DAYZ ROOX)
2014年1月発表か? 話題のスーパーハイトワゴン、デイズ ルークス!


おすすめ軽自動車はどっち?
スズキ ワゴンR VS ダイハツ ムーヴ カスタム【軽自動車比較評価/新車バイヤーズガイド】


ホンダN-ONE VS ダイハツ ムーヴ カスタム「おすすめの軽自動車とは?」【軽自動車比較評価/新車バイヤーズガイド】

深い新車情報はCORISM

微妙に違う三菱eKワゴン

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング