新型キャデラックATS試乗評価 キャデラックらしくない!? 走りを鍛えた本格派スポーティセダン【レビュー:キャデラック】

CORISM / 2013年3月25日 7時7分

キャデラックATS

アメリカ車なのに、ニュルブルクリンクで走りを鍛えた理由とは?

 新型キャデラックATSは、これまでのキャデラックイメージを振り払ったようなクルマだ。そもそも大きなボディに大きな排気量のエンジンを搭載したクルマであることが当然だったキャデラックは、CTSが登場したときでさえ、キャデラックらしさに欠けるといった声が聞こえたくらいだった。今回は、それよりもさらに小さいATSの登場だから、そろそろキャデラックブランドを再定義して考えなければならない。

 世界的に見れば、プレミアムブランドといっても良く売れているのはメルセデス・ベンツCクラスやBMW3シリーズのサイズであり、それ以上に大きなクルマも売れてはいるが、量販を考えたらこのクラスにモデルを持つことは重要である。

 経営再建後のGMが、アメリカだけでなくヨーロッパやそれ以外の地域でも広く商売していこうと考えたとき、このクラスのクルマをラインナップすることが必要だったのだろう。さらにいえば、ヨーロッパで販売することを考えて、走りのチューニングはヨーロッパで磨き込まれた。ニュルで走り込んだことなどによって、BMWに匹敵するようなスポーツセダンに仕上げられたのが新型キャデラックATSである。

一味違う新車情報はCORISM

わずか5mmオーバーした1,805mmの全幅。逃した顧客も多い

 新型キャデラックATSの外観デザインは、キャデラックのデザインテーマであるアート&サイエンスを具現化したもの。エッジの効いたシャープなデザインを特徴としていて、中央にキャデラックのエンブレムを配するとともにメッキを多用したグリルなど、ほかのキャデラックモデルとの統一性の取れたデザインである。

 インテリア回りの雰囲気は、現代的なセンスの良さを感じさせる。木目パネルは採用していないが、ピアノブラックのパネルやメッキのアクセント、本革シートなどによって高い質感が確保されている。

 ボディサイズは4680mm×1805mm×1415mmだから、BMW3シリーズとほぼ同じ大きさと考えたらいい。日本市場にも適合したサイズといえるのだが、惜しいのは1805mmという全幅。日本では立体式の駐車場などに1800mmが基準とされているものがあり、ATSはそうした駐車場に置くことができない。キャデラックを買うユーザーなら、駐車場事情にも余裕があるだろうが、5mmの違いで失ったユーザーがいるのも確かである。

 全体としては、ワイド&ローのバランスの取れたプロポーションだが、空間設計は特に良いという感じではない。このサイズのFR車であり、なおかつフロントミッドシップにエンジンを搭載することもあって、後席の居住空間はけっこう窮屈だ。それ以前に、ドアの開口部が小さいので後席への乗降性が良くない。前席優先で使われるアメリカ車らしいパッケージングといえる。

キャデラックなのに4気筒!

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング