新型スバルXV クロストレック ハイブリッド新車情報・購入ガイド 日本導入は2013年6月? 燃費を予想する! 走りを意識した初のハイブリッドを搭載した新型XVクロストレック 【ニュース・トピックス:スバル】

CORISM / 2013年4月14日 14時41分

新型スバルXV クロストレック ハイブリッド

最新のスバルXVハイブリッド情報はコチラ

新型スバルXV ハイブリッド新車情報・購入ガイド
スバル初のハイブリッド車は、日本導入は2013年6月下旬か? 燃費は、驚きの20.0km/Lを予想する! 走りを意識した初のハイブリッドを搭載した新型XVハイブリッド 

新型スバルXV クロストレック ハイブリッドの発売は6月、燃費を予想する!

 スバル初となるハイブリッド車、新型スバルXV クロストレック ハイブリッドが発売される。米国では、2013年秋に導入ということだが、やはり2013年6月に日本での発表濃厚だ。

 その背景には、直接のライバルとはならないものの、秋以降から多くのハイブリッド車が日本に投入される。9月デビュー予定のフルモデルチェンジするホンダ フィットハイブリッド、年末にはトヨタのTHS-II+SKYACTIVという組み合わせで登場するマツダ アクセラ ハイブリッド、高級車では日産からスカイライン ハイブリッド、レクサスISハイブリッドもデビュー予定。これだけ多くのハイブリッド車があると、さすがにスバル初となるXVクロストレック ハイブリッドも影が薄くなるというものだろう。

 注目される新型スバルXV クロストレック ハイブリッドだが、燃費特化モデルではないようだ。モーターをエンジンのアシストとして使い、より走りを際立たせるという方向性だという。搭載されるモーター最高出力は10kWで、最大トルクは65Nm。このモーターは、現行のフィット ハイブリッドの10Kw、78Nmというスペックに近い。

 このスペックのモーターであることを考えると、フィット ハイブリッド同様にエンジンのアシスト的役割りであると考えられる。恐らく、EV走行もごく限られた範囲内と予想できる。スバルも燃費ではなく、モーターによるトルク感のあるスポーティな走り味がポイントとアピールしている。

 とはえい、ハイブリッドと名乗る以上、燃費も重要な要素だ。だだし、1モーター式のため、トヨタのTHS-IIのように、ガソリン車の2倍近いというような燃費は期待できない。現在のXVクロストレックの燃費は、15.8km/L。ホンダのハイブリッドIMAを例にして考えると、恐らく燃費アップ率は30%以下。車重が重いXVクロストレックなので、フィットと同等のモーターでは燃費効果も下がることが予想できる。そうなると20%程度のアップである19.0km/Lがひとつの目安。国内においては、20.0km/L超がひとつの大きな壁になるだろう。

 ハイブリッドシステムを搭載したコンパクトサイズのSUVでは、ユニークな存在となることは確実な新型スバルXVクロストレック ハイブリッド。6月の登場が楽しみだ。

スバル インプレッサXV新車情報/購入ガイド 高価だが、卓越した走破性! スバルらしさを凝縮したコンパクトSUV

2013年3月30日更新 国内デビューは、北米より早い6月か? 燃費も気になる新型スバルXVクロストレック ハイブリッド

 スバルは、ニューヨークショーにおいて、新型スバル XV クロストレック ハイブリッドを世界初公開した。スバル XV クロストレック ハイブリッドは、高い走行性能、走破性、ユーティリティといったスバル XV クロストレックが持つ特長に、スバル独自のハイブリッドシステムにより軽快な走りと優れた環境性能を高めたスバル初のハイブリッド車。

 注目のハイブリッドシステムは、トヨタ式の2モーターTHS-IIではなく、スバル独自の1モーター式。ハイブリッド用の駆動・充電モーターを、トランスミッションケース内部に追加。ガソリン仕様に搭載したリニアトロニック(CVT)をベースに、プライマリープーリーの後方に追加している。

 バッテリーは、信頼性の高いニッケル水素を使用し、トランク下に設置。比較的低い位置に電池を設置できたことにより、重心高は585mmと、ほぼガソリン車並みの重心高となっており、軽快な走りを犠牲にはしていない。この重心高は、スバルによると他社のハイブリッドより低く、スポーティな走りが可能だという。

 新型スバル XV クロストレック ハイブリッドのハイブリッドシステムは、低速域ではEV走行。中速域はモーターアシスト走行になる。他社との差別化するために、スバルはモーターアシストを強調した方向性を打ち出し、単に低燃費訴求だけでなく、モーターによるトルク感のあるスポーティな走り味がポイントだという。

 搭載されるエンジンは、2.0Lの水平対向4気筒を使用。徹底的なフリクション低減などに取り組んだハイブリッド専用エンジンだ。ただし、アトキンソンサイクルエンジンなどかは不明。そんなことが関係しているのか、新型スバルXVクロストレック ハイブリッドの燃費に関しては、今の段階では公表されていない。

 シャシー関係では、前後のサスペンションを専用チューニング。ボディ剛性の向上やステアリングギアレシオのクイック化などにより、スポーティさをさらに高めた。モーターアシストを協調するハイブリッドシステムのセッティングを含め、より走りを楽しむためのハイブリッドというメッセージが込められている。

 どのメーカーもそうなのだが、デザインはガソリン車と比べても大きな変化はない。LEDを使ったリヤコンビランプ、専用アルミホイール、エンブレム程度。インテリアも同様で、ブルー基調のスピードメーターに、ハイブリッドシステムのエネルギーフローが表示されるマルチファンクションディスプレイなどが追加された程度だ。

 さて、気になる発売日だが、米国仕様は2013年秋ということになっている。最近のスバルは、完全に北米シフトしていることもあり、日本での発売は秋以降という見方が強い。しかし、最近になって新型スバルXV クロストレック ハイブリッドの発売日が北米より早い、2013年6月説が浮上している。

 この6月発表という、早めの国内投入の理由を予想してみた。今年は、多くの新型ハイブリッド車が国内マーケットに投入される。9月にはフルモデルチェンジするホンダ フィットハイブリッド。そして、年末にはトヨタのTHS-II+SKYACTIVという組み合わせで登場するマツダ アクセラ ハイブリッド、そして日産からはスカイライン ハイブリッド、レクサスISハイブリッドなどもあり、まさにハイブリッド祭りの様相だ。それも、秋以降に集中するため、直接的にライバル関係にある車種っではないものの、新型スバルXV クロストレック ハイブリッドの影が薄くなる可能性もある。そのため、新型車の少ない年度前半が最も有利ということなのかもしれない。

 なんにせよ、グローバル化とはいえ、日本のメーカーが日本でも発売する車種を一番最初に日本に導入するのはうれしい限り。また、スバルファンにとって、スバル初のハイブリッド車の誕生には、興味津々だろう。多くのファンの期待を背負い登場する新型スバルXVクロストレック ハイブリッドには注目だ。

スバルXVクロストレック ハイブリッド他、ニューヨークショー公式HP

辛口新車情報はCORISM

2013年3月21日更新 新型スバルXVクロストレック ハイブリッドの燃費は20.0km/L前後と予想してみた

 スバルは2013年ニューヨーク国際自動車ショー(3月27日~28日プレスデー、3月29日~4月7日一般公開)に、スバル初のハイブリッド車である「スバル XV クロストレックハイブリッド」を世界初公開する。

 今のところ、新型スバルXV クロストレックハイブリッドに関する情報は画像のみ。詳細は、3月28日(木)11:05(現地時間)に行われるプレスブリーフィングに発表されるという。

 そうは言っても、スバル初のハイブリッド車だけに、注目されるのは当然なので、新型スバルXVクロストレックハイブリッドについて予想してみよう。

 スバルはトヨタと深い関係があることから、XVクロストレックに搭載されるハイブリッドシステムは、トヨタの2モーター式THS-IIか、スバル独自開発の二通りが考えられる。トヨタのTHS-IIは、今年後半に登場するというマツダ アクセラに搭載されることからも、スバルXVクロストレックに搭載される可能性もある。しかし、スバルのエンジンは水平対向なので、この組み合わせが可能かというのも未知数。さらに、縦置きエンジンとAWDという組み合わせは、このクラスのトヨタ式では難しい。そう考えると、スバル独自式が有力。多くのメーカーが使う、エンジンとミッションの間にモーターを組み込む1モーター式なのだろうか。

 搭載されるエンジンは、すでにXVに搭載されている2.0LのFB20型水平対向エンジンであることが濃厚だ。さらに、ハイブリッド化によりアトキンソンサイクル化されていのかも、ポイントのひとつ。スバルの考え方ひとつなのだが、燃費に特化するのであれば、排気量の少ない1.6LのFB16エンジンという選択肢もある。

 現在、2.0LのFB20型エンジンを搭載してXVの燃費は15.8km/Lと、それほど自慢できる数値ではない。ハイブリッド化して、どれくらい燃費が向上するのかも注目ポイント。30%の燃費向上で20.5km/Lとなり、2.0L車で大台の20.0km/Lになる。1.5Lだがホンダ フリードハイブリッドの車重が、XVとほぼ同じで燃費は21.6km/L。1モーター式の燃費として比較した場合、XVが2.0Lである以上、コレ以上の低燃費はなかなか難しいだろう。そう考えると、新型スバルXVクロストレックの燃費は20.0km/L前後というのがひとつの目安になるだろう。

 さて、新型スバルXVの発売日はいつか? 昨年、同じニューヨークショーで発表されたXVは、約6ヶ月後の9月末に発表されている。その流れからみると、新型スバルXVクロストレックハイブリッドも、日本での発売日は9月とみるのが妥当。ただ、一部では国内マーケットの繁忙期である6-7月になんとしても間に合わせるという噂もあり、国内の導入も意外と早いかもしれない。

新型スバルXVクロストレック ハイブリッド米国仕様スペック

<主な仕様>(米国仕様)
 ボディサイズ(全長×全幅×全高):4,450×1,780×1,615mm (全高:ルーフレール付き車)
 ホイールベース:2,640mm
 最低地上高:220mm
 エンジン:2.0ℓ水平対向4気筒DOHCエンジン
 トランスミッション:リニアトロニック(CVT)
 モータータイプ:永久磁石式三相交流同期電動機
 モーター最高出力:13.4 hp (10kW)
 モーター最大トルク:48.0 lb・ft (65N・m)
 バッテリー:ニッケル水素タイプ
 タイヤサイズ:225/55 R17
 乗車定員:5名

CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング