新型フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ新車情報・購入ガイド 最もビートルらしいオシャレなオープンモデル【ニュース・トピックス:VW】

CORISM / 2013年4月3日 7時7分

新型フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ

ユニークでありながら、価格も魅力的なザ・ビートル・カブリオレ

 フォルクスワーゲンは、ザ・ビートルにオープンモデルとなる新型ザ・ビートル・カブリオレを追加し発売を開始した。

 新型ザ・ビートル・カブリオレは、ビートルのオープンモデルとしては、初代ビートル(1949~1980)、ニュービートル(2003~2011)に次ぐ3代目のモデルとなる。初代ビートル カブリオレは、世界累計販売台数が北米を中心に約33万台とヒット。2代目ニュービートル カブリオレも、世界累計生産台数が約23万5千台となり、日本国内でも約5,000台が販売された。オープンモデルということもあり、日本マーケットにおいては、爆発的に売れるというモデルではないが、遊び心にあふれるユニークなスタイリングは、一定の層に抜群の人気を誇るモデルになっている。ビートルというクルマのキャラクターを考えると、カブリオレが最もビートルというクルマを端的に表現しているとも言えるだろう。

 全体のデザインは、初代ビートル カブリオレのデザインアイデンティティを取り入れている。Aピラー付け根から一直線にソフトトップの収納部分までキレイに伸びるラインや、ソフトトップの収納カバーのディテールなど、モダンさの中に懐かしさを感じさせるデザインだ。

 このソフトトップは、6層構造になっていて静粛性と対候性の双方に優れている。すでに発売済みのゴルフ カブリオレと同じく、電動開閉となった。ソフトトップの開閉時間は、約10秒程度。さらに、50km/h以下であれば、走行中でも開閉できる。急な雨など、とっさの時にも高い機能性を確保している。

 新型フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレに搭載されるエンジンは、1.2LのTSI。77kW(105PS)、175Nm(17.8kg-m)を発揮し、7速DSGと組み合わせれる。最もベーシックなフォルクスワーゲンのダウンサイジング化低燃費技術の方程式に則ったものだ。これにより、JC08モード燃費は17.6km/Lとなっている。

 カブリオレになったことで、新型ザ・ビートルは100kg車重が増し1380kgとなった。車重が重くなったことで、ザ・ビートルは50%のエコカー減税だったのに対して、ザ・ビートル・カブリオレは、75%のエコカー減税になった。おもしろいことに、100kgも重くなっているのに対して、エンジンの型式スペックは同じでなのに燃費は落ちること無く同じ17.6km/Lだ。

 ベースモデルのザ・ビートル同様、インテリアはインストゥルメントパネル、フロントドア、そしてリヤトリムの上部には、ボディ色と同じカラーパネルが配された。シートは、すべてレザーシート。少し寒い日でもオープンエアドライブが楽しめるように、フロントシート(運転席/助手席)にはシートヒーターが標準装備されている。

 リヤシートは分割可倒式となっていて、リヤシートを倒せば、2台目のニュービートル カブリオレに比べ、12%拡大したトランクルーム(225ℓ)をもつ。長尺物など、ちょっとした大きさの荷物まで積載できるようになり、カブリオレでありながら実用性も向上している。

 日本に導入されるフォルクスワーゲンのほとんどが、一定以上の安全装備が標準装備されていて、十分に満足できる。ザ・ビートル・カブリオレも同様で、横滑り防止装置ESPや4つのエアバックが標準装備され一定の水準は確保。カブリオレは、屋根がない上にロールバーがない。そのため、横転時の安全性を確保するために、2本のロールオーバーバー(ロールオーバープロテクションシステム)が装備されている。もしもの時には、リヤシートヘッドレストの背後に内蔵されたロールオーバーバーが瞬時に飛び出し、エアバッグと協調し乗員を保護する。

 新型フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレの価格は375万円。ザ・ビートルの上級モデルが303万円なので、若干装備が違うものの72万円アップだ。ただ、ザ・ビートル・カブリオレには、ナビが標準装備されるなどしているため、実質の価格差はさらに縮まる。ゴルフ・カブリオレが423万円なので、4シーターのカブリオレに興味がある顧客にとっては、安くはないがザ・ビートル・カブリオレの価格は魅力的に映るはずだ。

新型フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ価格、燃費、スペックなど

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
CORISM(コリズム)

トピックスRSS

ランキング